男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

天使のはらわた 名美

  • てんしのはらわたなみ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    67.9点(39人)

  • 観たひと

    68

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル エロス
製作国 日本
製作年 1979
公開年月日 1979/7/7
上映時間 98分
製作会社 にっかつ
配給 にっかつ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督田中登 
脚本石井隆 
原作石井隆 
企画成田尚哉 
製作結城良煕 
撮影森勝 
美術菊川芳江 
音楽アビスリ 
録音木村瑛二 
照明新川真 
編集鍋島惇 
助監督池田敏春 
スチール目黒祐司 

キャスト

出演鹿沼えり 土屋名美
地井武男 村木哲郎
沢木美伊子 奈美子
山口美也子 
草薙良一 マー坊
水島美奈子 良子
林りえ 香園裕
青山恭子 美也
若杉透 中野陽介
宇南山宏 中沢(デスク)
藤井智憲 神(カメラマン)
港雄一 奈美子を襲う男
古尾谷雅人 良子を襲う二人組
庄司三郎 良子を襲う二人組
水木京一 屋台のおやじ
島村謙次 ストリップ小屋主

解説

強姦された女性達のその後をルポする女性週刊誌記者名美の姿を描く。石井隆の人気劇画の映画化シリーズ三作目。脚本は「天使のはらわた 赤い教室」の石井隆、監督は「ピンクサロン 好色五人女」の田中登、撮影は「むちむちネオン街 私たべごろ」の森勝がそれぞれ担当。

あらすじ

一流女性週刊誌「ザ・ウーマン」の記者、土屋名美は、強姦された女性達のその後をルポしていた。名美は最初、高校生のとき強姦され、現在ストリッパーをしている蘭を訪れた。名美は帰りぎわにぶつかったサングラスの男がどこか気にかかった。その後、恋人、陽介の部屋で、ある大出版社の社史にストリップ小屋の男の顔を見つけた。次に名美は、今、平凡な人妻となっている良子を訪ね、嫌がる彼女にカメラを向けると、その手をさえぎる者がいた。あの男だ。村木哲郎「実話ショック」というエロ雑誌の記者で、彼も同じ企画を追っていたが、名美の傲慢な取材態度にごうを煮やしていた。村木は大日本出版のエリート編集者だった頃、妻が強盗に強姦されてしまい、その日から彼の妻は、その男を家に引き入れ、背徳の情事に耽れ、そのあげく駈け落ちしてしまった。それ以来、村木は身をもち崩し、エロ雑誌の編集者になっている。名美は看護婦の美也を取材した。彼女は強姦されたときの恐怖で気がふれ、精神病院に入院、今、退院して看護婦として勤めている。しかし、彼女は名美に話しているうちに当時の恐怖が甦り名美に襲いかかった。間一髪のところで村木が飛び込み、名美は難を逃れた。名美はそのショックで、自分が強姦されるという被害妄想に陥り、狂乱状態となって自殺を企てた。止めに入った村木ともみ合ううち、いつしか二人は抱き合いはじめた。翌日、名美は編集室で妄想に襲われた。そして、やさしく介抱する村木の姿が、犯そうとする男に見え、名美は凶器で、力いっぱい村木を突き刺した……。

関連するキネマ旬報の記事

1979年8月下旬号

日本映画批評:天使のはらわた 名美

1979年8月上旬号

日本映画紹介:天使のはらわた 名美

1979年7月下旬号

グラビア:天使のはらわた 名美

特集 「天使のはらわた・名美」:名美さん元気にやってるかなぁ

特集 「天使のはらわた・名美」:脚本