男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

空手バカ一代

  • からてばかいちだい
  • ----
  • ----


  • VODで観る

  • 平均評点

    54.7点(18人)

  • 観たひと

    32

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 1977
公開年月日 1977/5/14
上映時間 91分
製作会社 東映東京
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督山口和彦 
脚本掛礼昌裕 
原作梶原一騎 
影丸譲也 
企画太田浩児 
撮影中島芳男 
美術北川弘 
音楽鏑木創 
録音井上賢三 
照明山口利雄 
編集田中修 
進行主任小島吉弘 
助監督橋本新一 
スチール藤井善男 

キャスト

出演千葉真一 大山倍達
本郷功次郎 藤田修造
室田日出男 グレート山下
夏樹陽子 麗子
内田朝雄 劉鳳厳
石橋雅史 与那島剛造
花田剛 尾高
達純一 徳吉
南利明 トッド若松
水城リエ 良江
西来路ひろみ 晴代
米村勉 ザ・ミステリーマン
原田力 ブラック・スネーク
日尾孝司 謝花
中田博久 湖城
斎藤一之 大見謝
春田二三夫 具志堅
高橋仁 カズオ
斎藤竜也 ノブオ
大栗正夫 シンジ
リップ・タイラー ディック・モーガン
鶴見五郎 トミー・ロジャース
エディ・サリバン レッド・タイガー
スネーク奄美 アーム・ストロング
武田宿弥 劉配下A
久地明 親分
志賀勝 滝村
土山登士幸 西野
畑中猛重 杉山
青木卓 磯野
近藤宏 医者
ミスター珍 レフリー
高月忠 リングアナウンサー
河合絃司 ナレーター

解説

「けんか空手 極真拳」・「けんか空手 極真無頼拳」に次ぐ、大山倍達の半生を描くシリーズ第三弾。脚本は「ドカベン(1977 鈴木則文)」の掛札昌裕、監督は「武闘拳 猛虎激殺!」の山口和彦、撮影は「新宿酔いどれ番地 人斬り鉄」の中島芳男がそれぞれ担当。

あらすじ

大山倍達の興行価値に目をつけた、プロモーターのタッド若松は、沖縄でプロレスと試合をするよう勧める。多額の借金を背おっていた大山はこの話に気持がぐらつく。沖縄入りしたのは、大山のほかに、柔道の藤田修造六段もいた。プロモーターから、ショーマンだったグレート・山下を紹介される。巨漢プロレスラー相手に善戦した二人だったが、反則などがとび出し、試合はメチャクチャになってしまった。契約違反を問われた二人は、それでも試合を、続けることにした。そして、その度に悪役外国人レスラーを大山はやっつけてしまった。大山は、暗黒街のボス・劉鳳厳に命を狙われるはめになった。大山、藤田、そして山下の三人は、本土へ帰ろうとするが、藤田はショーでのケガが直らず大山も浮浪児に金を盗まれてしまい、帰ることができなかった。ある日、大山は、自殺しかけていた麗子を救う。娼婦麗子は、劉一味によって、肉体がボロボロになるまで酷使されていた。両親を日本人によって奪われた麗子は大山を最初は信じず、日がたつうちに二人の間に愛が芽ばえて行った。劉の組織に山下が殺され麗子までが一味の手にかかって殺されてしまう。体力を回復した藤田とともに大山は劉一味との対決にいどむのであった。

関連するキネマ旬報の記事

1977年6月下旬号

日本映画批評:空手バカ一代

1977年6月上旬号

日本映画紹介:空手バカ一代

1977年5月下旬号

グラビア:「空手バカ一代」