男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

野球狂の詩

  • やきゅうきょうのうた
  • ----
  • ----

amazon

  • 平均評点

    65.4点(21人)

  • 観たひと

    32

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1977
公開年月日 1977/3/19
上映時間 93分
製作会社 日活
配給 日活
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
サイズ
リバイバル公開日
リバイバル時配給
備考

スタッフ

監督加藤彰 
脚本大工原正泰 
熊谷禄朗 
原作水島新司 
企画佐々木志郎 
製作樋口弘美 
撮影前田米造 
美術川船夏夫 
音楽高沢信 
録音福島信雅 
照明新川真 
編集井上治 
製作担当山本勉 
助監督八巻晶彦 
スチール井本俊康 
野球実技指導江藤慎一 

キャスト

出演木之内みどり 水原勇気
小池朝雄 岩田鉄五郎
桑山正一 五利一平
五條博 岩田清志
木戸徹 日の本盛
高橋明 虎谷
高岡健二 帯刀
笠井一彦 甚久寿
田畑善彦 金太郎
藤岡重慶 松川オーナー
谷啓 尻間専太郎
山田真佐江 塁子
山科ゆり 信子
犬塚弘 水原勝利
高田敏江 水原愛子
足立登美子 三枝麻美
千うらら 金剛
豊田泰光 豊田監督
辻佳紀 辻コーチ
丹古母鬼馬二 力道玄馬
森徹 玉島大介
日吉としやす 沢村慶司郎
野村克也 野村(南海ホークス)
藤田学 藤田(南海ホークス)
石井富子 初子
高木均 犬神(総裁)
鶴岡修 山井記者
江藤慎一 解説者
島村謙次 ドラフト司会者

解説

水島新司原作の同名劇画の映画化。女性投手・水原勇気と老投手・岩田鉄五郎を中心に笑いと涙とお色気を交えて描く。脚本は「肉欲の昼下り」の大工原正泰と「悶絶!! どんでん返し」の熊谷禄郎の共同、監督は「肉欲の昼下り」の加藤彰、撮影も同作の前田米造のそれぞれが担当。

あらすじ

ヤジと罵声の中、大阪アパッチ対東京メッツの最終戦が、国分寺球場で行われていた。この試合は、メッツの大投手・岩田鉄五郎の引退試合でもあったが、鉄五郎は試合後、引退をとり消す。そんな頃、スカウトの尻間は、ドラフトを間近かにひかえ、有望新人が見つからずしょんぼりしていた。彼はある日、武蔵野高校のグランドで女子野球部の中の水原勇気を発見し、さっそく鉄五郎にあわせるのであった。鉄五郎も彼女の投球を見てびっくり。ドラフトの日、東京メッツは水原勇気を第一位で指名。しかし、野球協約で女子はプロ野球の選手になれない。鉄五郎と尻間と監督の五利は、進学かプロかと悩む勇気をやっとの思いでくどきおとし、オープン戦で南海の野村と対決させる。それを見ていた総裁・犬神も彼らの気力と熱心さに負け、勇気のメッツ入りを認めるのであった。合宿所に入った勇気は毎日かなりのハード・トレーニングをこなし、長い間、二軍ぐらしをしている武藤にドリーム・ボールの特訓を受ける。しかし、その武藤もドリーム・ボールの完成直前に広島へトレードがきまる。七七年ペナントレースが開幕。メッツ対アパッチの試合は、九回の表、メッツの二点リード。途中からリリーフで登場した勇気は、アパッチ最後の打者力道にドリーム・ボールを投げ、外野フライに打ちとり、ゲームセット。次の日、メッツのナインは新幹線で、次の対戦相手の武藤のいる広島へと向うのであった。

関連するキネマ旬報の記事

1979年11月上旬号 日本映画紹介:野球狂の詩
1977年5月下旬号 日本映画紹介:野球狂の詩
1977年5月上旬号 日本映画批評:野球狂の詩
1977年4月上旬春の特別号 グラビア:「野球狂の詩」
「野球狂の詩」ロケ訪問記:
シナリオ:野球狂の詩