男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者

  • えどがわらんぽりょうきかんやねうらのさんぽしゃ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    67.7点(65人)

  • 観たひと

    94

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    16

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 1976
公開年月日 1976/6/12
上映時間 76分
製作会社 日活映画
配給 日活
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督田中登 
脚本いどあきお 
原作江戸川乱歩 
企画栗林茂 
製作結城良煕 
伊地智啓 
撮影森勝 
美術菊川芳江 
音楽蓼科二郎 
録音木村瑛二 
照明熊谷秀夫 
編集井上治 
助監督鴨田好史 
スチール目黒祐司 

キャスト

出演宮下順子 清宮美那子
長弘 清宮浩一郎
石橋蓮司 郷田三郎
渡辺とく子 富田美幸
八代康二 遠藤
田島はるか 銀子
織田俊彦 蛭田
夢村四郎 道化師
秋津令子 モデル
中島葵 淫売婦
水木京一 薬売り

解説

夜となく昼となく天井裏を散歩し、他人の生活をのぞき、ついには殺人まで犯す男を主人公にした江戸川乱歩原作の「屋根裏の散歩者」の映画化。脚本は「主婦の体験レポート 新・おんなの四畳半」のいど・あきお、監督は「神戸国際ギャング」の田中登、撮影は「ひめごころ」の森勝がそれぞれ担当。

あらすじ

遠く浅草十二階をのぞむここは、下宿、東栄館。その屋根裏をゆっくりと這う男の影……郷田三郎である。貴婦人清宮美那子の穏し部屋。そこへ美那子が入って来るや、頬に紅をつけた道化師が現われ、美那子を愛撫する。喘ぐ美那子の表情が、一瞬停止した。誰かが見ている……。屋根裏の散歩にこよなき孤独の愉しみを見いだした郷田の眼下では、下宿館の住人たちの秘め事がくりひろげられている。エス様(神)を生真面目に信仰しながら、女中にいたずらしている遠藤。女のモデルにダリ風のボディペインティングする女流画家・美幸。郷田はふと天井のふし穴からモルヒネをたらして殺人する幻想にとらわれた。清宮邸の美那子の部屋には、老運転手、蛭田の人間椅子がある。美那子は衣服を脱ぎそれに座る。微妙な刺激が伝わって来る。ある日、道化師に化けた郷田は美那子を抱いた。いつの間にか美那子は屋根裏の男のとりこになっていた。数日後、道化師に下腹部をゆだねている時、郷田の目を意識した美那子は思わず両腿に力を込めた。道化師は窒息死した。一方、郷田も天井から遠藤の口の中にモルヒネを十数滴落し、殺人を完遂した。 快楽殺人--背徳の快楽に酔う美那子と郷田は、さらに人間椅子の蛭田をおさえつけて殺し、主人の清宮に毎日砒素入りのワインを飲ませて、死に追いやった。そして美幸を二人の体ではさみこみ窒息死させた後、二人は屋根裏にのぼり、からみ合った。その時、関東大震災が襲った。一瞬にして東栄館は廃墟となり、そこに美那子、郷田、蛭田、清宮、美幸の死体が現われた……。

関連するキネマ旬報の記事

1976年7月上旬夏の特別号

日本映画紹介:江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者