男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

実録阿部定

  • じつろくあべさだ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    75.5点(40人)

  • 観たひと

    66

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル エロス
製作国 日本
製作年 1975
公開年月日 1975/2/8
上映時間 76分
製作会社 日活
配給 日活
レイティング R-18
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督田中登 
脚本いどあきお 
企画栗林茂 
製作結城良煕 
撮影森勝 
美術川崎軍二 
音楽坂田晃一 
録音木村瑛二 
照明小林秀之 
編集山田真司 
助監督飛河三義 
スチール目黒祐司 

キャスト

出演宮下順子 阿部定
江角英明 石田吉蔵
坂本長利 大宮先生
橘田良江 吉蔵の妻
千早蘭 「満左喜」の女中
大谷木洋子 「品川館」の女中
水木京一 古着屋の店員
五條博 按摩
小泉郁之助 刑事
久松洪介 定の父親
庄司三郎 用心棒
花柳幻舟 芸者

解説

昭和十一年五月十八日に起った“阿部定事件”を、男を想う中年女の哀しい女の性の立場から描く。脚本は「十代の性典'75」のいど・あきお、監督は「(秘)色情めす市場」の田中登、撮影は「実録・元祖マナ板ショー」の森勝がそれぞれ担当。

あらすじ

東京・荒川の尾久の待合「満左喜」に居続けている中年男女の客があった。男は中野・新井の料理屋「吉田屋」主人・石田吉蔵で、連れの女はその店の女中・阿部定であった。二人が知り合ったのは、一カ月前、定が吉蔵の店で働くようになってからで、間もなく互いに惹かれ合い、関係を持つようになった。“床上手”の二人の仲は次第に深くなっていき、やがて、吉蔵の女房に知られてしまった。ある日、二人は、しめし合せて店を出ると、待合や旅館を転々として、「満左喜」へやってきたのだった。それからというもの二人は床を敷っ放しで情事にふけり、女中もあきれる程だった。三日目になって、さすがに疲れたのか、二人の眼のふちは黒くなっていた。定は金策のために、名古屋時代の知り合いで、今でも面倒をみてもらっている大宮先生を訪ねた。先生は人間的には素晴らしいと思っているのだが、肉体的には満足した事がなく、定には不満だった。そして久しぶりに先生に抱かれた定は、金をもらうと、「満左喜」へ帰った。四日目、五日目が過ぎても二人は飽きることなく肉欲に浸り続けた。芸者、酌婦、妾、女中として、数多くの男を知った定にとっても、吉蔵のように、自分を喜悦の絶頂へ誘ってくれた男は初めてだった。一週間目の夜、情事の果てに、吉歳がグッタリしていた。定は、そんな吉蔵の上に股がると、腰紐を彼の首に巻きつけて力一杯絞めあげた。店へ戻りそうな気配の見せた吉蔵を、誰の手にも渡さずに済むのだと思いながら……。そして愛する吉蔵の“男性自身”を斬り落とした。これで吉蔵は完全に自分のものになった……。

関連するキネマ旬報の記事

1975年3月下旬号

映画批評:実録阿部定

映画批評:実録阿部定

日本映画紹介:実録阿部定

1975年2月下旬決算特別号

グラビア:「ザッツ・エンタテインメント」「仁義の墓場」「阿部定」「劇場優待」