男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ゆきゆきて、神軍

  • ゆきゆきてしんぐん
  • ----
  • The Emperor's Naked Army Marches on
  • 平均評点

    82.2点(265人)

  • 観たひと

    450

  • 観たいひと

    69

  • レビューの数

    48

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 戦争
製作国 日本
製作年 1987
公開年月日 1987/8/1
上映時間 122分
製作会社 疾走プロダクション
配給
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督原一男 
構成鍋島惇 
企画今村昌平 
製作小林佐智子 
撮影原一男 
撮影助手高村俊昭 
平沢智 
録音栗林豊彦 
効果伊藤進一 
編集鍋島惇 
選曲山川繁 
助監督安岡卓治 
大宮浩一 
演出協力徳永靖子 
三好雄之進 

キャスト

出演奥崎謙三 

解説

己れをたった一人の“神軍平等兵”と名乗る奥崎謙三が、終戦後偽日もたってから二人の兵士を“敵前逃亡”の罪で処刑した元上官たちを訪ね、真相を究明する姿を追ったドキュメンタリー。監督は「極私的エロス・恋歌1974」の原一男が担当。(16ミリより35ミリにブローアップ。)2017年8月12日より公開30年記念として再上映。

あらすじ

1982年、兵庫県神戸市。妻・シズミと二人でバッテリー商を営む奥崎謙三は、ニューギニア戦の生き残りであり、69年に、死んだ戦友の怨念をこめて“ヤマザキ、天皇を撃て!”と叫んで天皇にパチンコ玉4個を発射した男である。奥崎はニューギニアの地に自分の手で埋葬した故・島本一等兵の母を訪ね、彼女をニューギニアの旅に連れていくことを約束した。奥崎の所属部隊・独立工兵第36連隊で、終戦後23日もたってから“敵前逃亡”の罪で二人の兵士が射殺された事件があったことを知った奥崎は行動を開始した。その二人の兵士、吉沢徹之助の妹・崎本倫子、野村甚平の弟・寿也とともに、処刑した五人の上官を訪ね、当時の状況を聞き出す。だが、それぞれ、処刑に立ちあったことは白状したものの、ある者は空砲だったと言い、ある者は二人をはずして引き金を引いたと言う。いったい誰が彼らを“撃った”のかは不明のままだった。さらに彼らは飢餓状況の中で人肉を食したことをも証言するのだった。やがて、二人の遺族は奥崎の、時には暴力も辞さない態度からか、同行を辞退した。奥崎はやむを得ず、妻と知人に遺族の役を演じてもらい、処刑の責任者である古清水元中隊長と対決すべく家を訪ね真相を質す--。一方、奥崎は独工兵第36部隊の生き残り、山田吉太郎元軍曹に悲惨な体験をありのままに証言するように迫る。そして--1983年12月15日、奥崎は古清水宅を訪ね、たまたま居合わせた息子に銃を発射、2日後に逮捕された。3年後の86年9月18日に妻・シズミが死亡。87年1月28日、奥崎は殺人未遂などで徴役12年の実刑判決を受けた。

関連するキネマ旬報の記事

2019年1月上旬特別号

巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第4弾 1980年代日本映画ベスト・テン:ベスト15グラビア解説

1988年6月下旬号

「ゆきゆきて、神軍」ニューヨーク、サンフランシスコへ進軍する!:

1987年12月上旬号

特別寄稿:「ゆきゆきて、神軍」を観た主人公の感想

1987年10月下旬号

日本映画紹介:ゆきゆきて、神軍

1987年9月上旬号

日本映画批評:ゆきゆきて、神軍

1987年8月上旬号

グラビア:ゆきゆきて、神軍

ゆきゆきて、神軍:鼎談 佐木隆三×品田雄吉×原一男

ゆきゆきて、神軍:編集者の記

ゆきゆきて、神軍:評論

1987年3月下旬号

グラビア:ゆきゆきて、神軍

試写室:ゆきゆきて、神軍