男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

火の鳥 鳳凰編

  • ひのとりほうおうへん
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.3点(37人)

  • 観たひと

    63

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル アニメーション / ファンタジー
製作国 日本
製作年 1986
公開年月日 1986/12/20
上映時間 60分
製作会社 角川春樹事務所=東北新社
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督りんたろう 
脚本高屋敷英夫 
金春智子 
原作手塚治虫 
企画協力手塚プロ 
製作角川春樹 
プロデューサーりんたろう 
丸山正雄 
岩瀬安輝 
作画監督さかいあきお 
撮影監督石川欽一 
美術監督椋尾篁 
音楽監督宮下富実夫 
音楽プロデューサー石川光 
主題歌渡辺典子:(「火の鳥」)
音響プロデューサー明田川進 
録音辻井一郎 
効果佐々木英世 
編集尾形治敏 
テクニカルスーパーバイザー八巻磐 
制作スタジオプロジェクトチーム・アルゴス 
マッドハウス 

キャスト

出演堀勝之祐 我王
古川登志夫 茜丸
小山茉美 ブチ
麻上洋子 速魚
池田昌子 火の鳥
大塚周夫 吉備真備
ナレーション城達也 

解説

大仏建立が行なわれた奈良時代を舞台に、2人の彫物師の数奇な運命を描く。手塚治虫原作の同名漫画のアニメ化で、脚本は「愛しのベティ 魔物語」の高屋敷英夫と「るーみっくわーるど 炎トリッパー」の金春智子の共同執筆。監督は「カムイの剣」のりんたろうが担当。

あらすじ

生まれて間もなく片目片腕を失った我王は、生きるためには人殺しも辞さない人間となり村を追われた。鳳凰を探し求めて全国を旅する大和の彫物師・茜丸は、逃亡中の我王と出会い大切な右腕を斬られてしまう。盗賊の頭となった我王は、ある日、美しい娘・速魚を強引に妻にした。鼻が異様に腫れ上がる奇病にとりつかれた我王を看病する速魚。だが、部下の言葉で誤解した我王は速魚を斬り殺してしまう。速魚はてんとう虫に姿を変え、我王は彼女がかつて自分が助けた虫の化身だったと気づくのだった。一方、必死の修行の末、彫物師としての腕を取り戻し、鳳凰を求めて旅する茜丸はブチという少女と出会う。そんな時、茜丸に大仏建立の命が下り、都の役人がやって来る。茜丸を連れていかせまいと抵抗したブチは、役人に殺された。大仏殿は完成し、茜丸は天皇に献上するための彫物を乞食僧と競い合って作ることになった。乞食僧とは生まれ変わった我王だった。二人が提出した作品は同じ鳳凰像で、我王の像がすぐれていたが、地位と名声に目がくらんでいる茜丸は、かつての出来事を持ち出した。役人に右腕を斬られた我王は都を追放される。ある日、火事が起こり、茜丸の作った鳳凰像は燃えてしまう。駆けつけた茜丸の前に火の鳥が現われ、彼がもうじき死んで魚に生まれ変わること、それが宿命だと告げた。

関連するキネマ旬報の記事

2016年7月下旬号

戯画日誌:第36回 今こそ角川アニメを再評価せよ!

1987年3月下旬号

日本映画批評:火の鳥 鳳凰編

1987年2月上旬号

日本映画紹介:火の鳥 鳳凰編