男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ザ・ヒューマノイド

  • ざひゅーまのいど
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    39.5点(2人)

  • 観たひと

    4

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル アニメーション / SF
製作国 日本
製作年 1986
公開年月日 1986/3/21
上映時間 45分
製作会社 ヒロメディア=カナメプロ=東芝EMI
配給 松竹富士
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督政木伸一 
監修樋口純郎 
影山楙倫 
脚本水出弘一 
カナメプロ 
ゼネラル・プロデューサー芝崎寛政 
プロデューサー長尾聡浩 
キャラクター原案空山基 
キャラクター・デザイン小原渉平 
作画監督上條修 
撮影監督池上元秋 
美術監督勝又激 
音楽中島正雄 
主題歌早川めぐみ:(「Dancin' in the Rain」)
音響監督松浦典良 
編集掛須秀一 

キャスト

出演矢尾一樹 エリック
榊原良子 アントワネット
柴田由美子 シェリー
小林清志 アーロン
柴田秀勝 ワトソン
曽我部和恭 プラウド
あきまや・ひかり イグナシア
丸山詠二 リベロ
佐藤正治 側近
小滝進 兵士A
小野健一 兵士B

解説

戦いの中でヒューマノイドが感情を持ちつつ、活躍するオリジナル・ビデオ・アニメの劇場公開版。脚本は水出弘一とカナメプロ、監督は政木伸一がそれぞれ担当。主題歌は、早川めぐみ(「Dancin' in the Rain」)。

あらすじ

惑星レザリアには地球人とメガロス星人が共存していた。年に一度の宇宙船セル号がレザリアに着陸する時、何者かが船を襲う。乗員のエリックとアーロンは何とか、地球エリアに逃げ、ロボットテクノロジーの権威ワトソン博士と、博士の造ったヒューマノイドのアントワネットに会う。一方、メガロス・エリアではプラウド総督が実権をにぎり、レザリア星の遺跡--巨大宇宙船イクシオンを発掘しようとしていた。エリックは恋人シェリーとの再会を楽しみ、それを見てアントワネットは“愛”というものを知る。プラウドはイクシオンを発動させるワトソンの持つ鍵を入手しようとし、遺跡発掘現場でとらえたエリックを人質にし、なんとか鍵を手に入れた。イクシオンはやがて発動しようとするが、レザリア星がそうなれば発射台となり、消滅してしまう。熱と震動で動こうとするイクシオンの動きをとめるため、アントワネットは自らを犠牲として、鍵を引き抜く。そして、レザリア星に平和がおとずれた--。

関連するキネマ旬報の記事

1986年5月上旬号

日本映画批評:ザ・ヒューマノイド

日本映画紹介:ザ・ヒューマノイド