男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

台風クラブ

  • たいふうくらぶ
  • Typhoon Club
  • ----

amazon


  • 平均評点

    73.5点(337人)

  • 観たひと

    547

  • 観たいひと

    65

  • レビューの数

    50

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1985
公開年月日 1985/8/31
上映時間 96分
製作会社 ディレクターズ・カンパニー
配給 東宝=ATG
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督相米慎二 
脚本加藤祐司 
企画宮坂進 
製作宮坂進 
プロデューサー山本勉 
撮影伊藤昭裕 
美術池谷仙克 
音楽三枝成章 
録音中野俊夫 
照明島田忠昭 
編集冨田功 
助監督榎戸耕史 
スチール安保隆 

キャスト

出演三上祐一 三上恭一
紅林茂 清水健
松永敏行 山田明
工藤夕貴 高見理恵
大西結花 大町美智子
会沢朋子 宮田泰子
天童龍子 毛利由美
渕崎ゆり子 森崎みどり
佐藤充 英夫
寺田農 清水留造
伊達三郎 岡部(用務員)
小林かおり 八木沢順子
きたむらあきこ 保健医
石井富子 八木沢勝江
鶴見辰吾 三上敬士
尾美としのり 小林
三浦友和 梅宮安

解説

台風の接近とともに、突然狂気に襲われた中学三年生たちの四日間を描く。ディレクターズ・カンパニーのシナリオ募集コンクールで準入選をした加藤祐司の脚本を「ラブホテル」の相米慎二が監督。撮影は「みゆき」の伊藤昭裕が担当。

あらすじ

東京近郊のある地方都市。その市立中学校のプールに夜、泰子、由美、みどり、理恵、美智子の5人の女の子が泳ぎに来た。彼女たちは、先に来ていた明に気付き、共謀して、からかった挙句に溺死寸前まで追い込んでしまう。そして、偶然出会った同級生の恭一と健に助けを求める。二人とも野球部員で、夜のランニングの途中だった。担任の梅宮教師も慌てて駆けつけ、生徒たちのいたずらを諭す。翌日、恭一は登校の途中、理恵に昨夜のことを詰問する。たが、理恵はニュースが告げていた台風のことを話すだけだった。授業中、梅宮の恋人・順子の母親、勝江と叔父の英夫が教室に入って来た。勝江は梅宮が順子に大金を貢がせたと大声で話す。そんな様子に授業は続けられなくなり、教室中に動揺が生まれる。その夜、大学生で帰省中の兄、敬士と哲学っぽい問答をした恭一は、夜のランニングに健を誘いに行く。健は明と一緒に彼の家の裏にいた。三人はクラスの女の子の話に興じ始める。明が目撃した泰子と由美の変な関係。健の好きな美智子のこと。健は以前に美智子の背中に火傷をさせたことがあった。そして恭一を好きな理恵のこと。刻一刻と台風が近付いて来る土曜日の朝。いつものように恭一は理恵の団地の前で待ち合わせるが、理恵は来ない。授業が始まって、美智子は梅宮に昨日の一件の説明を求める。そしてそれが原因で教室中が一波乱。放課後、激しい風雨の中、学校を去る梅宮のあとに校内に残った生徒たちのドラマが始まった。美智子を執抑に追いかける健。彼女を追いつめた健が我に返ったのは背中を見た時だ。家出したらしい理恵のことを考える恭一。演劇部の部室に閉じこもって帰りそびれた泰子、由美、みどり。一方、理恵は東京に出て知り合った大学生、小林の下宿についていってしまう。そこで彼女は素直に恭一への想い、台風を待っていたことを話し、突然、「帰ります」と外に飛び出すのだった。しかし電車は台風のため動いていない。その頃、台風が頭上を通過する時刻、学校に残った生徒たちは、カセットから流れる音楽に合わせて踊り始め、一時の憩いを味わう。そして、恭一を残して全員眠ってしまう。日曜日、恭一は「死は生を輝かせるために存在する」と言葉を残して窓から飛び下りる。驚いてグラウンドに走りよる健たち5人。台風が過ぎ去った月曜日の朝。学校に向かって、晴れ晴れとした顔の理恵とプールで泳ぐという明が駆けて行く。台風が過ぎた今、彼らはまた普通の中学生に戻ったのだ。

関連するキネマ旬報の記事

2019年1月上旬特別号

巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第4弾 1980年代日本映画ベスト・テン:ベスト15グラビア解説

1985年10月上旬号

日本映画批評:台風クラブ

1985年9月下旬号

日本映画紹介:台風クラブ

1985年9月上旬号

グラビア:台風クラブ

特集 台風クラブ 相米慎二監督作品:監督インタビュー

特集 台風クラブ 相米慎二監督作品:スタッフインタビュー

特集 台風クラブ 相米慎二監督作品:作品評

1985年6月上旬号

試写室:台風クラブ

1984年11月下旬号

〈グラビア〉撮影現場訪問:「台風クラブ」