男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

南十字星

  • みなみじゅうじせい
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    54.2点(13人)

  • 観たひと

    18

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル 戦争
製作国 日本
製作年 1982
公開年月日 1982/5/22
上映時間 140分
製作会社 新日本映画=サザン・インターナショナル・フィルム
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督丸山誠治 
ピーター・マックスウェル 
スーパーバイザー持丸寛一郎 
脚本須崎勝弥 
製作持丸寛二 
プロデューサー伊藤武郎 
リー・ロビンソン 
撮影岡崎宏三 
美術育野重一 
バーナード・ハイズ 
音楽佐藤勝 
録音渡会伸 
照明下村一夫 
編集黒岩義民 
助監督中島紘一 
スチール蒔田研一 

キャスト

出演中村敦夫 田宮稔
北大路欣也 立花法務少佐
坂上二郎 木村少佐
小松方正 矢部憲兵准尉
藤岡琢也 松本大佐
志垣太郎 早川憲兵中尉
鈴木瑞穂 河村少将
内藤武敏 大野法務少将
寺田農 字野大尉
草薙幸二郎 楠木大佐
辻萬長 辻参謀
黒木瞳 津村恵子
伊藤めぐみ 〆香
青木明子 明美
八木隆 小山憲兵伍長
木島一郎 本島憲兵曹長
原田力 今井憲兵軍曹
沼崎悠 野村大尉
俵一 大森曹長
大林丈史 吉野通訳
おやま克博 土井通訳
坂田祥一郎 三上警査
吉原正皓 A中佐
山根久幸 B中佐
山中康司 将校
渡辺安章 将校
鈴木秋夫 将校
安永憲司 将校
平正信 将校
三浦忠度 将校
長竹寛勲 将校
荒木優騎 将校
神崎功 将校
ジョン・ハワード ペイジ大尉
スチュアート・ウィルソン ライアン中佐
マイケル・アトキン イングルトン少佐
スティーブン・ビスレー フォールス
トニー・ボナー ケイリー
ピーター・ヘヒア サージャント
ダイアン・クレイグ ペイジ夫人・ロマ
べロニカ・ラング ライアン夫人・ガブリエル
ニール・レッドファーン ワーレン曹長
ティム・エルストン グーリー軍曹
ハロルド・ホプキンス スチュアート伍長
ゲイリー・ワデル フレッチャー伍長
マイケル・ハーズ ハーディ伍長
マーク・ヘンブロー マーシュ水兵
アンドリュー・イングリス ジョーンズ水兵
ベース・ルーアマン ヒューストン水兵
アレン・キャッセル カース大尉
ジェームス・ヒースモア ロス
スリム・ディグレー マクドウェル兵曹
ピーター・サムナー マーシャム少佐
ノエル・ホッダ ベリーマン水兵
ジョナサン・スウィート クリーリー水兵
トニー・プレーン ヤング兵曹
ワーレン・コールマン ケイン
ジョフ・ルー モリス
胡茵夢 陸蘭畦
林継堂 陸玉光

解説

第二次世界大戦中のシンガポールを舞台に、日本兵とオーストラリア兵捕虜との友情を描く。脚本は「連合艦隊」の須崎勝弥、監督は「大空のサムライ」の丸山誠治とピーター・マックスウェルの共同、撮影は「漂流」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

あらすじ

昭和十六年、シンガポールを占領した日本軍は、敵対する中国系住民に対し、大量虐殺や多額の献金を強制するなど苛酷な弾圧政策をとっていた。そんな日本軍の横暴を、通訳の田宮は心を痛めていた。その頃、港に停泊していた七隻の日本艦船が爆破された。憲兵隊は抗日ゲリラの破壊工作とみて、容疑者を検挙し、拷問を繰り返した。しかし、それは、ジェイウェック作戦と呼ばれる英豪軍特別攻撃隊の仕わざだった。翌年、Xフォースと呼ばれるこの特別部隊は、再度、シンガポール攻撃を試みるが、日本軍の迎撃に会い、ペイジ大尉ら十人が捕虜となった。憲兵隊は捕虜の訊問を始めるが、なかなかはかどらず「拷問だ!」といきりたつ。田宮は明日までに白状させると拷問を抑えた。白状したペイジは自分たちを守るために田宮が動いたことを知り、二人の間に敵、味方を越えて友情が芽生えた。そして裁判の日、検察官立花はペイジたちの英雄的な行為を讃えたうえで、栄誉ある死刑を求刑する。参謀部は斬首を宣告、田宮はせめて銃殺と嘆願するが聞き入れられない。肩を落とす田宮に、ペイジは「君の手で天国に送って欲しい」と話す。数年後、日本軍は敗れ、田宮は捕虜となり軍事裁判にかけられた。田宮は死刑を求刑されるが、ペイジに送った詩集が見つかり、そこに綴られた二人の友情が証明され、斬首はペイジの希望と分って田宮は無罪となった。そして数十年が過ぎた。オーストラリアの無名戦士の墓に花を供える田宮の姿があった。

関連するキネマ旬報の記事

1982年7月上旬号

日本映画紹介:南十字星

1982年6月下旬号

日本映画批評:南十字星

1982年5月下旬号

グラビア:南十字星