男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

胸さわぎの放課後

  • むなさわぎのほうかご
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    54.5点(8人)

  • 観たひと

    15

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1982
公開年月日 1982/4/17
上映時間 90分
製作会社 アート・センター
配給 東映
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督石山昭信 
脚本吉田求 
原作村生ミオ 
企画中村賢一 
岸本一男 
製作三浦波夫 
撮影西浦清 
美術小澤秀高 
音楽伊藤銀次 
録音八木隆幸 
照明水野研一 
編集長田千鶴子 
助監督佐藤雅道 
スチール野上哲夫 

キャスト

出演ひかる一平 桑田一平
坂上とし恵 沢田知佳
山下美樹 荻窪弘美
美加里 川本紀子
芦川誠 武田(弘美の恋人)
山口洋司 西田(新聞部)
重田尚彦 杉村(コーチ)
及川ヒロオ 山本先生
車だん吉 佐藤先生
中尾ミエ 金沢先生
夢路 ホステス
鹿又裕司 南進一
古川聰 木村義男
松林龍夫 川上弘
深水真紀子 洋子(先輩)
荒井注 警官
小林亜星 沢田光一(知佳の父)
中原ひとみ 沢田はるえ(知佳の母)
朝丘雪路 桑田里子(一平の母)

解説

誰もが学生時代に経験する胸のときめき、初恋物語を描く、村生ミオの同名漫画の映画化。脚本は「ダイナマイトどんどん」の古田求、監督は「あゝ野麦峠」などの助監督を経てこの作品がデビュー作となる石山昭信、撮影は西浦清がそれぞれ担当。

あらすじ

都立花野高校一年生の沢田知佳は恋人を見つけることが今一番の関心事だった。親友の弘美には放送部の武田が、紀子には新聞部の西田と、恋人のいないのはオクテの知佳だけだった。そんなある日、女子バレーボール部に入った知佳は、雨降りのため体育館で練習をしていた。練習といってもまだ球拾い。そこで知佳はころがって来たボールを拾いに来た男子バスケット部の一平に一目惚れしてしまった。夏休みに女子バレー部と男子バスケット部の合同合宿が行なわれることになり、知佳は一平に愛を打ち明けるチャンスだと思った。しかし親友の紀子が一平にラブレターを渡してほしいと知佳に頼んで来た。親友の頼みとあっては断わることも出来ず、泣く泣く一平に渡したが、一平は封も切らず、知佳に東京で会って欲しいと言われ、知佳は飛び上って喜んだ。渋谷の公園通りから原宿へデートの最中、一平が喧嘩に巻き込まれてしまう。ようやくそこから逃げ出し、一平の母がママを務めるバーへ行き、一平が母子家庭で育った事を聞かされて、知佳は胸を熱くする。二学期になると、一平が原宿で不良と喧嘩したことから、バスケット部の都大会出場中止になったという暗いニュースが待っていた。知佳はそもそもの原因が自分にあると思い、悩んだ。しかも家では厳格な牧師の父親に一平とつき合うことをやめろと言われてしまう。落ち込んだ知佳を見ていた弘美や紀子は知佳を校内放送に出演させて、事情を話させた。こうして一平の嫌疑は晴れ、バスケット部の都大会出場も決まった。そして決勝戦へと進み、一平のシュートはあざやかに決まる。知佳と一平の青春が始まったのだ。

関連するキネマ旬報の記事

1982年5月下旬号

日本映画批評:胸さわぎの放課後

1982年2月上旬号

キネ旬試写室:胸さわぎの放課後