男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スウォーズマン 女神復活の章

  • すうぉーずまんめがみふっかつのしょう
  • 東方不敗 風雲再起
  • The East is Red

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    64.6点(11人)

  • 観たひと

    23

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル 時代劇 / アクション
製作国 香港
製作年 1993
公開年月日 1995/1/14
上映時間 98分
製作会社 電影工作室
配給 松竹富士
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演ブリジット・リン 東方不敗
ジョイ・ウォン 雪千尋(スノー)
ユー・ロングアン 顧長風(クー)
ジーン・ウォン 戴祖氏(ダイ)
ラウ・シュン 阿諾(ノア)
エディ・コー 汗青(チン)
李家 田紀雲(チン)

解説

本来、『スウォーズマン』(90、映画祭上映のみ)の続編として作られた「スウォーズマン 女神伝説の章」(93)が予想外の大成功を収めたため、急遽、ブリジット・リン演じるキャラクターをフィーチャーした“東方不敗”シリーズの第2作として製作された伝奇アクション。前作同様、ワイヤーワークをはじめとするSFXを駆使した、荒唐無稽ながらパワフルな作風が見どころで、香港では東方不敗と新たな登場人物・スノーとのレズビアン描写も話題となった。監督は前2作に引き続き「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」3部作のチン・シュウタンと、「スウォーズマン」にも共同監督で参加したレイモンド・リーの共同。製作はシリーズ全作に関わっている香港ニューウェーヴの旗手ツイ・ハーク。脚本はツイ・ハーク、ロイ・ゼトー、チャン・カーボンの共同。撮影はトム・ラウ、音楽はウィリアム・フーが担当。主題歌は台湾のポップシンガー、サラ・ツェン(陳淑樺)の『笑紅塵』(倣個真的我)。主演は前作に続いて「白髪魔女伝」のブリジット・リン。共演は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」シリーズ、『青蛇転生』(V)のジョイ・ウォンほか。

あらすじ

明朝政府の役人クー(ユ・ロングァン)は、ゴリダ将軍率いるスペイン軍の水先案内人として、東方不敗が姿を消した黒木崖を訪れた。東方不敗の墓を探す一行の前に現れた白髪の老人は、この地の静寂を破るなという。墓を暴く将軍の目的が始めから秘伝の記された『葵花宝典』にあったことを知ったクーは止めようとするが、多勢に無勢で窮地に追い込まれる。その途端、白髪の老人が強大な力でスペイン軍兵士たちをなぎ倒した。その死に疑問を抱いていたクーの問いに答えて、老人は仮面を脱ぎ、死んだはずの東方不敗(ブリジット・リン)が変わらぬ美しい姿を現した。密かに東方不敗を崇拝していたクーは、東方不敗の名が権力のために利用され、各地でニセ者が出現していることを告げる。東方不敗はクーに案内を命じ、二人は連れ立ってニセ者探しの旅に出る。その頃、海上では日月教の旗を掲げた船・日月号と、日本から乗り込んできた忍者の霧隠雷蔵の率いる潜水艦・霧隠号が激しい戦いを繰り広げていた。日月号の首長は東方不敗を名乗るスノー(ジョイ・ウォン)で、彼女はかつて彼の恋人だった。いまだその死を信じず、思いを断ち切れない彼女は、日月教の再建を願って東方不敗の姿を借りて戦いに明け暮れていた。一方、本物の東方不敗は、ニセ者たちの多さと歪められた日月教の集団に怒り、彼らを皆殺しにする。その行為に耐えかねたクーは東方不敗から離れようとし争って負傷するが、そんな彼を捕えたのがスノーだった。やがて、スノーと東方不敗は再会する。彼から拒絶され、致命傷を負わされながらも、なおひたむきに東方不敗を思うスノーに心動かされ、いつしか愛するようになったクーは、彼女を連れて逃げる。その間に破壊の限りを尽くす東方不敗は、霧隠雷蔵を倒して彼にすり代わり、さらにそのパワーでスペイン軍をも手中に収める。今や“東西方不敗”を名乗る彼は、スノーとクーを追う。スノーと東方不敗は宿命の対決の時を迎えるが、そのさなかにスノーが死ぬ。彼女の愛の深さに感じ入った東方不敗は彼女の亡骸を抱き、いずこともなく消え去った。

関連するキネマ旬報の記事

1995年3月上旬号

外国映画紹介:スウォーズマン 女神復活の章

1995年1月下旬号

グラビア 《New Releases [新作紹介]》 :スウォーズマン

グラビア 《New Releases [新作紹介]》 :女神復活の章

1995年1月上旬新年特別号

KINEJUN CRITIQUE:スウォーズマン