男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ゴダールの決別

  • ごだーるのけつべつ
  • Helas pour moi
  • Helas pour moi

amazon


  • 平均評点

    68.2点(28人)

  • 観たひと

    84

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 スイス フランス
製作年 1993
公開年月日 1994/9/3
上映時間 84分
製作会社 レ・フィルム・アラン・サルド
配給 コムストック
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ジャン・リュック・ゴダールがフランスの大スター、ジェラール・ドパルデューを初めて起用して、創造主(神)と肉体をモチーフに作り上げた作品。監督のゴダールは80年代に入り、再び長編映画の世界に回帰し、近年も「ヌーヴェルヴァーグ」、「ゴダールの新ドイツ零年」などを発表している。本作品では、いつもながら脚本・編集を兼ねている。製作のアラン・サルドは「ゴダールの探偵」などで脚本家としても参加しているフランスを代表する製作者。撮影は近年のゴダール作品のほとんどを担当し、リヴェットの「彼女たちの舞台」などリヴェット作品も多く担当しているカロリーヌ・シャンペティエ。録音は現在のゴダールの映画作りに欠かせないフランソワ・ミュジーが担当。主演は「カミーユ・クローデル」のジェラール・ドパルデュー。共演は彼の妻役に舞台で活躍してきたローランス・マスリア、「伴奏者」のベルナール・ヴェルレーほか。

あらすじ

アブラハム・クリムト(ベルナール・ヴェルレー)が「ある出来事」の調査にレマン湖のほとりの町にやってくる。彼はシモン・ドナデュー(ジェラール・ドパルデュー)とその妻ラシェル(ローランス・マスリア)の居所を探し、人々に物語を買いに来たと述べる。その頃、ラシェルはモノ牧師(フランソワ・ジェルモン)に5日前、肉体のもろさを知ったと言い、寝た相手が夫か神か分からなかったと訴える。駅ではマックスが神を迎えに来ていた。神はラシェルを探すように命じる。クリムトはビデオ店で「1986年7月23日の午後に起きたこと」を尋ねる。店長たちは当時を回想する。また女子学生オード(オード・アミオ)はクリムトに見た2人の男はシモンと神だと告げる。彼女は神がシモンに自分の帽子とコートを渡していたことを話す。ここで神はシモンに乗り移ったのか?_夕方、外出しているはずのシモン(神?_以下同様)が妻の元に戻ってくる。シモンは彼女に、自分はシモンの身体を避難場所にしているのだと言い、天地創造の秘密を語る。そして「すべてはひとつに、ひとりは他者の中に、3つの位格(ペルソナ)がある。」と言うのだった。シモンはラシェルに不滅の存在になりたくないか問うが、彼女は断りシモンに抱きつくと同時に気絶する。若者リュドがユーゴスラヴィアの戦いに出発するために駅へ歩いてくる。「シモンは、シモン・ドナデュー」(もしわが身を神に捧げるなら)とサインする。そしてクリムトに「あれは僕だった」と述べる。

関連するキネマ旬報の記事

1994年8月下旬上半期決算号

グラビア 《New Release》(新作映画紹介):ゴダールの決別

1994年8月上旬号

外国映画紹介:ゴダールの決別

1994年6月上旬号

グラビア:ゴダールの決別