男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ウルガ

  • うるが
  • Urga
  • Urga

amazon


  • 平均評点

    73.3点(25人)

  • 観たひと

    45

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス ソ連
製作年 1991
公開年月日 1992/7/25
上映時間 119分
製作会社 カメラ・ワン=アシェット・プルミエール=スタジオ・トリート
配給 シネセゾン
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演バヤルト Gombo
パー・トーマー Pagma Gombo's Wife
ウラジミール・ゴストゥヒン Sergei
パオ Bourma Gombo's daughter
ウーリンレ Bounin Gombo's son

解説

モンゴルの大草原に暮らす羊飼い一家の日々の営み、生き様を描いたドラマ。91年ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞受賞。監督は「黒い瞳(1987)」のニキータ・ミハルコフ、スーパーヴァイジングプロデューサーは「シラノ・ド・ベルジュラック」のミシェル・セイドゥー、エグゼクティブ・プロデューサーはジャン・ルイ・ピエル、脚本はルスタム・イブラギムベーコフ、撮影はヴィレン・カルータ、音楽はエドゥアルド・アルテミエフが担当。ロシア語監修はウサミ・ナオキ、モンゴル語監修は鰐渕信一。

あらすじ

中国の内モンゴル自治区に広がる大草原。馬にまたがったゴンボ(バヤルト)が妻のパグマ(バドマ)を追いかけている。ゴンボが手にしているのは_ウルガ_と呼ばれる長い棹のような道具で、これを草原に刺しておくと、_恋人たちの情事を邪魔するな_というサインになる。だがゴンボは妻に拒まれてしまう。遊民族のゴンボ一家には既に3人の子供がおり、パグマはもう4人目は要らないという。モンゴルの法律で子供は3人まで、中国ではひとりまでと決められているのだ。だが、チンギス・ハーンに憧れるゴンボは、彼と同じように4人の子供を持ちたいと願い続けていた。ある日ゴンボは、草原の中でトラックを河に突っ込んで立往生しているロシア人セルゲイ(ウラジミール・ゴストゥヒン)に出くわし、家に連れて来る。遊牧民の住まい、ゲル(パオ)でセルゲイは手厚くもてなされ、言葉の壁を超えた厚い友情で結ばれた。その夜、ゴンボは再び妻に迫るが拒まれ、「避妊具があるならいい」と言われる。ゴンボはそんなものの存在を知らないが、町育ちの妻は、町へ行けば避妊具もテレビもあるのだと教える。あくる日、ゴンボはセルゲイと町へ出かける。久しぶりに町に出て、遊牧民の生活にも文化がどんどん入り込んできたことを感じるゴンボ。だが、恥ずかしくて避妊具は買えなかった。テレビと自転車と帽子を買い、ゴンボはセルゲイとディスコに飲みに行く。セルゲイが起こした騒動の後片付けに奔走した後、ゴンボは荷物を抱えて草原に向かう。うたた寝したゴンボの夢に、チンギス・ハーンが現れ、“おまえはモンゴル人ではない”という。そのハーンの顔は叔父のバヤルトで、隣にいる女は妻のパグマだ… 。目を覚まし、ゴンボは家に帰る。風力発電につないだテレビに一家5人が見入る。「私の頼んだものを買ってきた?」と尋ねる妻に、「いや、売り切れだった」と答えるゴンボ。そんな夫を見て、パグマは黙って草原へと出ていく。その後をゴンボは無言で追いかける。そして時は流れ、ゴンボの4人目の子供の回想するナレーションで物語は閉じる。

関連するキネマ旬報の記事

1992年9月下旬号

外国映画批評:ウルガ

1992年7月下旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):ウルガ

特集 ウルガ:作品論

特集 ウルガ:ニキータ・ミハルコフの軌跡

外国映画紹介:ウルガ