男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

月の子ども

  • つきのこども
  • El niño de la luna
  • Moon Child


  • 平均評点

    71.0点(1人)

  • 観たひと

    4

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル SF / ファンタジー
製作国 スペイン
製作年 1989
公開年月日 1992/4/2
上映時間 115分
製作会社 ガネッシュ・プロダクシオン・シネマトグラフィカス・フィルム
配給 巴里映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

月から授けられた超能力を持つ少年が出会うさまざまな出来事を、バルセロナを舞台に幻想的に描く。監督は『ガラス越しに』のアグスティン・ビラロンガ、撮影はジョム・ペラコーラ、編集はラウル・ロマン、音楽はデッド・キャン・ダンス。

あらすじ

戦いの絶えない憂鬱な時代のヨーロッパ。孤児のダヴィー(エンリコ・サルダナ)は、自分の持つ超能力に気づき始めていた。そこへ、ある秘密組織がダヴィーに目をつける。何も知らずに迎えられたダヴィーだったが、その組織の目的は、月の持つエネルギーを誕生前の子供に伝送し、超能力を持つ“月の子ども”のクローン生産の研究開発だった。“月の子ども”を宿したジョルジーナ(リサ・ジェラール)とともに逃げ出したダヴィーはアフリカへ向かう。神に選ばれた“月の子ども”を待つ奥地の部族へ行く途中で2人は雨に遭い、ジョルジーナは息絶えるが、“月の洗礼”を受けたダヴィーは、自分が“月の子ども”に生まれ変わったことを感じる。ダヴィーを執拗に追ってきた組織のメンバー、ヴィクトリア(マリベル・マルタン)も、ダヴィーが月の子どもであることを信じ、彼を逃がす。帰るあてのないヴィクトリアが飛行機で自爆する空の下で、ダヴィーは部族に迎えられていた。

関連するキネマ旬報の記事

1992年4月上旬春の特別号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):月の子ども