男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

コレット 水瓶座の女

  • これっとみずがめざのおんな
  • Becoming Colette
  • Becoming Colette


  • 平均評点

    51.0点(2人)

  • 観たひと

    5

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ドイツ フランス アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1992/4/18
上映時間 93分
製作会社 ハインツ・ビボ&ビボ・フィルム・プロ
配給 松竹富士
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

女流作家シドニー・ガブリエル・コレットの、最初の夫との結婚前後の出来事を綴った愛欲メロドラマ。監督はジョン・ヒューストンの息子で「ミスター・ノース 風をはこんだ男」のダニー・ヒューストン。エグゼクティヴ・プロデューサーはトッド・ブラックとキャスリン・ギャランとジョー・ワイザン、脚本はルース・グラハム、撮影はヴォルフガング・トロイ、音楽は「グレイストーク ターザンの伝説」のジョン・スコットが担当。

あらすじ

20世紀初頭のパリ。田舎育ちのガブリエル(マチルダ・メイ)は、父(ジャン・ピエール・オーモン)を訪れた都会の出版者ウィリー(クラウス・マリア・ブランダウアー)と恋におち、結婚する。やがて、社交界にデビューしたガブリエルは、女優のポラール・ソーレル(ヴァージニア・マドセン)に引き合わされる。実は、ポラールとウィリーは以前からの深い仲。彼は妻に、3人で暮らそうと相談を持ちかける。動転して夜の街をさまよう彼女を暴漢が襲った。ショックが続いたその日の出来事を、ガブリエルは日記に書き綴り、それを盗み見たウィリーにより『学校のクローディーヌ』と題して出版される。しかも、ウィリーの署名で。3年後、相変わらずの生活を続けていたガブリエルだったが、重ねて夫の裏切りにあい、自分も夫を裏切ることを決意。新しい原塙として白紙の日記帳をウィリーに渡した・・・。ガブリエルは夫と別れ、今度は本物の作家として、女性初のレジォン・ドヌール勲章を受けるまでになった。

関連するキネマ旬報の記事

1992年6月上旬号

外国映画紹介:コレット 水瓶座の女

1992年5月上旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):コレット 水瓶座の女