男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

カミーラ

  • かみーら
  • Camila
  • Camila


  • 平均評点

    69.0点(5人)

  • 観たひと

    11

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アルゼンチン スペイン
製作年 1984
公開年月日 1992/2/29
上映時間 0分
製作会社 ヘア・シネマトグラフィーカ・プロ=パラ
配給 岩波ホール
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ススー・ペコラーロ Camila_O'Gorman
イマノル・アリアス Ladislao Gutierrez
エクトル・アルテリオ Adolfo_O'Gorman
エレーナ・テイシスト Joaquina O'Gorman
Carlos Munoz Monsignor Elortondo

解説

19世紀半ばのブエノスアイレスで実際にあった事件を基に作られた、許されない愛のために命をかけた男女の悲劇。監督・脚本はこれが3作目となるマリア・ルイサ・ベンベルグ、エグゼクティヴ・プロデューサーはリタ・スタンティク、共同脚本はベーダ・ドカンポ・フェイホーとホアン・バウンティスタ・スタグナーロ、撮影はフェルナンド・アリバス、音楽はルイス・マリア・サーラが担当。

あらすじ

1847年、統一派と連邦派が対立するブエノスアイレス。連邦派で、カトリック社会の中心的存在である名家オゴルマン家の娘カミーラ(ススー・ペコラーロ)は、父アドルフォ(エクトル・アルテリオ)の封建的で厳しいしつけにもかかわらず、詩や小説を読みふける想像力豊かな少女だった。ある日、カミーラは、新任の若い神父ラディスラオ・グティエーレス(イマノル・アリアス)と出会い、一目で惹かれあう。しかし神職にあるグティエーレスの恋が許されるはずもなく、彼は罪悪感に悩み、カミーラを避けていた。だが、統一派と目された本屋の店員が連邦派から見せしめの処刑を受けたとき、暴力を否定し「分裂していては国家は存続できない」とミサの説教で怒りと悲しみをぶつけるグティエーレスに、カミーラはますます彼を尊敬し想いを募らせるのだった。やがて、カミーラはグティエーレスと駆け落ちする。遠く離れた小さな町で、2人は名前を変え、慎ましく幸せに暮らし始めた。それでも、グティエーレスは神を裏切った苦しみに悩み、その姿はカミーラをも苦しめる。だが、やがてふたりは居場所を知られ、ブエノスアイレスに連れ戻されてしまう。投獄されたふたりを、街の人たちは何とか助けたいと手を尽くしたが、統一派はこの事件をスキャンダルとして利用し、連邦派の失墜を計った。総督は自らの威信のためにも、銃殺刑の命令を変えようとはしなかった。カミーラは身籠っており、それは神の許しかとも思えたが、容赦なく2人は銃殺された。2人の遺体はひとつの棺に納められ、永遠の眠りについたのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1992年7月上旬号

外国映画紹介:カミーラ

1992年3月上旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):カミーラ