男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

愛しい人が眠るまで

  • いとしいひとがねむるまで
  • Truly, Madly, Deeply
  • Truly, Madly, Deeply


  • 平均評点

    66.7点(3人)

  • 観たひと

    11

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ラブロマンス / コメディ
製作国 イギリス
製作年 1991
公開年月日 1991/11/23
上映時間 0分
製作会社 BBC・フィルムズ・プロ
配給 東京テアトル=バビット
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

恋人の死で心を閉ざした女性が、ゴーストとなって現れた彼との交流を通して立ち直っていく姿を描いたロマンチック・コメディ。出演は、「数に溺れて」「フロイト」などのジュリエット・スティーヴンソン、「ロビン・フッド」のアラン・リックマンほか。

あらすじ

ロンドンに翻訳業で身を立てているニーナ(ジュリエット・スティーヴンソン)は、この2年間、恋人だったジェイミー(アラン・リックマン)に突然先立たれたショックから立ち直れないでいた。今でもプロのチェロ奏者だった彼のことが忘れられない。ある日ニーナが思い出のバッハの曲を弾いていると、それに合わせてジェイミーがチェロを弾いていた。ゴーストのジェイミーが帰ってきて大喜びのニーナは、昔のように二人の世界に没頭するが、ジェイミーのわがままな振る舞いに困惑もする。そんな時、ニーナは友人と入ったレストランで、精神障害者の世話をしているマーク(マイケル・マロニー)と知り合い、彼に惹かれていった。彼女の心がマークに移っていったことを知ったジェイミーは姿を消す。ニーナはジェイミーのチェロを処分してマークの愛を受け入れる決心をするが、それを外から見つめるジェイミーはようやく仕事が終わったことを感じていた。

関連するキネマ旬報の記事

1991年12月下旬号

外国映画批評:愛しい人が眠るまで

1991年12月上旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):愛しい人が眠るまで