男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

真夜中の恋愛論

  • まよなかのれんあいろん
  • Nuit d'été en ville
  • Nuit d'ete en ville


  • 平均評点

    54.9点(7人)

  • 観たひと

    16

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ / エロス
製作国 フランス
製作年 1990
公開年月日 1991/11/16
上映時間 85分
製作会社 エレフィルム・AAA・プロ=TRS・プロ
配給 コムストック
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

都会の夏の夜に出会った男と女が、アパルトマンの一室で交わすひと夜の語らいを、官能的な趣を漂わせつつスタイリッシュに描く室内対話劇。監督は「読書する女」のミシェル・ドヴィルで、スタッフも常連チームが支えている。製作・脚本・台詞は、監督夫人で「読書する女」のロザリンド・ドヴィル。撮影は「キリング・タイム」のベルナール・リュティック。主演は、「ニキータ」のジャン・ユーグ・アングラードと、俳優ジャン・ルイ・トランティニャンの娘で「主婦マリーがしたこと」のマリー・トランティニャン。

あらすじ

セックスが終わったばかりのけだるさ漂うベッドの上。エミリー(マリー・トランティニャン)は余韻に浸り、ルイ(ジャン・ユーグ・アングラード)はそんな彼女を優しさと疑問を含んだ目で見つめている。男が女に「最初はいつもこう?」と聞いたことから、二人の会話は終わった恋の話や架空の恋の話、そして昔の思い出や今の生活のことへと広がっていく。そんな中で男は女と住んでみようと賭け、女は男と一緒にやっていこうと賭ける。それぞれの思惑をめぐって二人はあくまで言葉で、お互いを挑発したり歩み寄ったりを繰り返し、そして朝を迎えて安らかな眠りにつく。

関連するキネマ旬報の記事

1991年12月上旬号

外国映画批評:真夜中の恋愛論

1991年11月下旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):真夜中の恋愛論

KINEJUN CRITIQUE:真夜中の恋愛論