男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

達磨はなぜ東へ行ったのか

  • だるまはなぜひがしへいったのか
  • Why Did Bobhi Djarma Go East?
  • Why Did Bobhi Djarma Go East?


  • 平均評点

    51.3点(4人)

  • 観たひと

    10

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 韓国
製作年 1989
公開年月日 1991/7/6
上映時間 0分
製作会社 ペ・ヨンギュン・プロ
配給 シネセゾン
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演イ・パンヨン ヘゴク
シン・ウォンソプ キボシ
 ヘジン
コ・スミョン チュジ

解説

山奥のさびれた禅寺を舞台に、みなしごの少年、出家したばかりの青年僧、寺の主である老禅師の三人の男の、生と死のイメージを描く瞑想ドラマ。89年ロカルノ映画祭で金豹賞(グランプリ)のほか五つの賞を受賞している。

あらすじ

清澄な自然に包まれた山奥の小さな禅寺にひきとられたみなしごのヘジン(ファン・ヘジン)は、ある日、つがいの鳥の片方を殺してしまう。残された鳥はヘジンにつきまとい、そのため彼は崖から滑り落ちたり、道に迷ったりとひどい目に遭う。青年僧キボシ(シン・ウォンソプ)は盲目で動けない母親を捨ててきたことへの苦悩から荒行に励むが、激流に流され傷つく。キボシを助けようとした老僧ヘゴク(イ・パンヨン)も床に伏し、ついに息を引き取ってしまう。キボシは遺言どおり、ヘゴクの亡骸を山で燃やし、その灰を自然の中に撒き散らす。キボシは山を降りる途中救いを見つけ、残されたヘジンも鳥が飛び去るのを見つめていた。

関連するキネマ旬報の記事

1991年8月上旬号

外国映画批評:達磨はなぜ東へ行ったのか

1991年7月下旬号

特集 達磨はなぜ東へ行ったのか:対談 ペ・ヨンギュン×新井満

特集 達磨はなぜ東へ行ったのか:評論

1991年7月上旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):達磨はなぜ東へ行ったのか

KINEJUN CRITIQUE:達磨はなぜ東へ行ったのか