男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シバジ

  • しばじ
  • Surrogate Woman
  • Surrogate Woman


  • 平均評点

    72.1点(9人)

  • 観たひと

    16

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 韓国
製作年 1986
公開年月日 1990/12/14
上映時間 0分
製作会社 新韓映画社
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

李朝時代を背景に「代理母」を務めながら相手の男を愛してしまった一人の少女の悲劇を韓国の民族性の中に描く「波羅羯諦 ハラギャティ」の林權澤監督作。製作は鄭道煥、脚本は宋吉漢、撮影は具重模、音楽は申秉河が担当。出演は姜受延、李九淳ほか。

あらすじ

シバジとは金をもらって腹を貸す代理母のことである。シバジを母に持つオンニョ(姜受延)は17歳の処女でありながら、後継ぎの男子に恵まれない両班(地方名家)のシン家のためにシバジを引き受ける。シン家の夫サンギュ(李九淳)は気が進まなかったが妻のユーン(方姫)に促されてオンニョとの交合の儀式に臨む。しかしその夜からオンニョは母の「決して、石ころ一つにも情けを移してはいけないよ」という言葉を忘れサンギュに愛を抱いてゆく。そしてサンギュも……。二人は逢引を交してゆくが、いつしかそれが露見することとなり、オンニョは激しく折檻される。しかしその頃オンニョの体には子を妊ったしるしがあった。そして6月、オンニョは難産の末男の子を産む。サンギュは涙を流しながら彼女を抱き締めるが、既に別れの時は来ていた。わが子の顔を見ることも許されず、オンニョは母と共に追われるように屋敷を後にせねばならなかった。

関連するキネマ旬報の記事

1991年1月上旬号

試写室:シバジ

1990年12月下旬号

グラビア:シバジ

特集 シバジ:イム・グォンテク

外国映画紹介:シバジ