男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

変身する女

  • へんしんするおんな
  • La Travestie
  • ----


  • 平均評点

    0.0点(0人)

  • 観たひと

    6

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 フランス
製作年 1988
公開年月日 1989/10/21
上映時間 0分
製作会社 サラ・フィルム・プロ
配給 アルシネテラン
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

執拗に愛を追い求め続ける女性の狂気を描くサイコ・サスペンス。アラン・ロジェの原作を基に、製作・監督・脚本は「汚れた刑事」のイヴ・ボワッセ、撮影はイヴ・ダーン、音楽はフィリップ・サルドが担当。出演はザブー、アンナ・ガリエナほか。

あらすじ

30歳の女性弁護士ニコル(ザブー)は、数人の社会的地位のある男たちと情事を重ねていたが、誰も真実の愛を与えてくれず、次第に彼女の心は鬱屈してゆく。ついに男たちとの関係を清算したニコルは、髪を切り、男装をして街に出る。夜のパリで娼婦のミリアム(アンナ・ガリエナ)と出会ったニコルは、彼女と親しくなるのと同時に、ミリアムに効率のよい娼婦稼業を伝える。ふたりの間には幸せな感情が流れ始めるが、ミリアムが休暇をとって戻った田舎で、彼女は何者かによって惨殺されるのだった。傷心のニコルは家政婦として歯科医のもとで働き始めるが、そこで女王人のアンヌ・マリー(ヴァレリー・ステファン)と深い関係になる。ふたりはアンヌ・マリーの姉クリスティーヌ(クリスティーヌ・パスカル)の家に駆け落ちするが、愛がさめ、やがて彼女は夫のもとへと帰ってゆく。ひとり家に残ったニコルは、ある日クリスティーヌに会いに来たアラン(イヴ・アフォンソ)という男と愛しあうようになるが、やがて彼にも捨てられ、狂気の果てにニコルは精神病院に送り込まれるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1990年8月下旬号

外国映画紹介:変身する女

1989年11月上旬号

グラビア:変身する女