男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

  • れにんぐらーどかうぼーいずごーあめりか
  • Leningrad Cowboys Go America
  • Leningrad Cowboys Go America

amazon


  • 平均評点

    74.9点(91人)

  • 観たひと

    183

  • 観たいひと

    27

  • レビューの数

    16

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 フィンランド スウェーデン
製作年 1989
公開年月日 1990/7/14
上映時間 78分
製作会社 アキ・カウリスマキ・フィルム=ヴィレアルファ・フィルムプロ
配給 KUZUIエンタープライズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

スターを夢見てアメリカにやってきた極寒国のバンドが体験する珍道中を描くコメディ。製作はクラウス・ヘイデマン、監督・脚本は「パラダイスの夕暮れ」のアキ・カウリスマキ、共同脚本はサッケ・ヤルヴェンパーとマト・ヴァルトネン、撮影はティモ・サルミネン、音楽はマウリ・スメンが担当。出演はマッティ・ペロンパー、カリ・ヴァーナネンほか。

あらすじ

ツンドラ地方を拠点に活動するレニングラード・カーボーイのマネージャー(マッティ・ペロンパー)は、彼らの演奏があまりにもひどいことを理由に、プロモーターからアメリカに行くことが唯一の希望であると助言され、ニューヨークのプロモーターを紹介してもらう。そして彼らは、ニューヨークでそのプロモーターに会うが、与えられた仕事は、メキシコに住む彼のいとこの結婚披露宴での演奏だった。そのプロモーターから、今はやっているのはロックンロールという音楽である、と教えられた彼らは、本を買って勉強を始める。メキシコへ向うために、巨大なキャデラックを購入した彼らは、道中田舎の農夫たちがたむろするバーで演奏をし、日銭を稼いだりする。途中、彼らは行方不明だったバンドのメンバーのいとこに偶然出合い、彼の加入で次第にアメリカ受けするバンドになってゆく。そして結婚披露宴の席で、いきいきと楽しそうに演奏するメンバーの姿を見て、マネージャーはどこへともなく姿を消した。その後、彼らの歌がメキシコでトップ10に入ったという知らせが届くのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1990年8月上旬号

外国映画紹介:レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

1990年7月下旬号

外国映画批評:レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

1990年7月上旬号

グラビア:レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

特集 レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ:評論

特集 レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ:カウリスマキ兄弟とフィンランド映画