男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

愚か者の船

  • おろかもののふね
  • Ship of Fools
  • ----

amazon


  • 平均評点

    71.0点(25人)

  • 観たひと

    33

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1966/10/5
上映時間 0分
製作会社 スタンリー・クレイマー・プロ映画
配給 コロムビア
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

キャサリン・アン・ポーターの長編小説『愚者の船』を「ニュールンベルグ裁判」のアビー・マンが脚色、「おかしな、おかしな、おかしな世界」のスタンリー・クレイマーが製作・監督した人間ドラマ。撮影は「おかしな、おかしな、おかしな世界」でクレイマーとコンビを組んだアーネスト・ラズロ、音楽はアーネスト・ゴールドが担当した。出演は「ローマの哀愁」のヴィヴィアン・リー、「年上の女」のシモーヌ・シニョレ、「アラビアのロレンス」のホセ・フェラー、「キャット・バルー」のリー・マーヴィン、「突然炎のごとく」のオスカー・ウェルナー、「大いなる野望」のエリザベス・アシュレー、「キング・ラット」のジョージ・シーガル、他にホセ・グレコ、チャールズ・コーヴィン、ハインツ・リューマンなど。

あらすじ

ドイツでヒットラーが政権をとった1933年のある日、メキシコのベラクルスから、ドイツのブレーメルハーフェンに向って1隻の客船ベラ号が出航した。船客の1人である、こびとのグロッケンは、自らをも含めて、この船を“愚か者の船”と命名した。彼は、この船が愚か者たちであふれていると考えたのだ。ー―この船の船長ティーレは、長年の航海仲間で船医のシューマン(オスカー・ウェルナー)が心臓衰弱のため、この航海を最後に下船することがさびしくてたまらなかった。一方、船客には、狂信的なナチの信奉者リーバーフ(ホセ・フェラー)、外交官の夫と離婚したばかりの、気位が高く、しかも欲求不満に身をやいているメアリー(ヴィヴィアン・リー)、外角のカーブを打てないばっかりに球団をお払いばこになった男テニーや、やや頭の弱い肉感的な女ジェニー、おだやかな夫と、愛犬のいる世界に安住しているヒュッテン教授夫人、セックス・オンリーの世界に疑問を持ちはじめた画家同士の恋人たち、ジプシー舞踏団の踊り子で、夜ごと船客たちを誘惑して金をまきあげているアムパーロなどがいて、様々な喜怒哀楽をおりまぜて息づいていた。そんなある日、船はキューバに寄港し、数百人の砂糖労働者を3等船室に収容したが、同時に、カナリー群島のテネリーフェに護送される、政治犯の伯爵夫人(シモーヌ・シニョレ)を1等船客として乗船させた。伯爵夫人は、5千人の労働者を使う身でありながら、人間的な立場から労働者に同情し、彼らの闘争のための武器を提供したのだ。シューマンは、そんな彼女に激しく心を動かされ、伯爵夫人も余命いくばくもないシューマンの飾り気のない態度に心惹かれた。やがて船は、テネリーフェに寄港した。シューマンは、伯爵夫人とともに下船する、とティーレ船長に申し出た。今まで、静かな家庭に安住していたシューマンの激情が、伯爵夫人の出現でかきたてられたのだ。が、ティーレは、シューマンの申し出を許さず、シューマンも説得されて船に残った。それからも、さまざまな人間が、さまざまな出来ごとを引き起こした。ー―しかし、船は無事最後の港ブレーメルハーフェンに入港した。誰もが、何ごともなかったかのように巷に消えていった。

関連するキネマ旬報の記事

1966年11月上旬号

外国映画批評:愚か者の船

1966年7月下旬号

外国映画紹介:愚か者の船

1966年6月下旬号

旬報試写室:愚か者の船

1966年5月下旬号

2大シナリオ特別掲載:愚か者の船