男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

犯罪河岸

  • はんざいかし
  • Quai des Orfevres
  • Quai des Orfevres

amazon


  • 平均評点

    73.0点(41人)

  • 観たひと

    63

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1947
公開年月日 1949/7/5
上映時間 102分
製作会社 マジェスティック
配給
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

「犯人は二十一番に住む」のアンリ・ジョルジュ・クルーゾーが監督した一九四七年作品で、「六人の最後の者」「犯人は」と同じくS・A・ステーマン作の小説に基き、クルーゾーがジャン・フェリーと協力脚色し、「犯人は」のアルマン・ティラールが撮影したもの。主なる出演者は「旅路の果て」「どん底」のルイ・ジューヴェ、「レ・ミゼラブル」のシャルル・デュラン、「犯人は」「六人の最後の者」のシュジ・ドレール、「幻想交響楽」「カルメン(1946)」のベルナール・ブリエに新人シモーヌ・ルナンで、「求婚」のピエール・ラルケ、「偽れる装い」のジャンヌ・フュジェ・ジル、新顔のクローディーヌ・デュピュイ等が助演している。なおセットは「偽れる装い」のマックス・ドゥーイが設計し、音楽は「黒騎士」のフランシス・ロペスが作曲している。クルーゾーはこの映画によりヴェニスで監督賞を得た。

あらすじ

二流所の流行歌手ジェニイ・ラムールはパリの下町育ち、男の浮気心をそそる色っぽさが自慢だ。伴奏のピアノをひく夫のモーリスは、人一倍嫉妬深い男なので、ジェニイが色目を使ったとか使わぬとか夫婦げんかは毎日である。二人の住むアパートの下の部屋には女写真師ドラのスタジオがある。ドラはモーリスの幼な友達で、彼に少々関心を持っているが、男の方はジェニイにまるで夢中である。ドラの写場で女連れのせむしの金持ちブリニヨンは色っぽいジェニイに野心を起して、ジェニイを後援してやろうと申し出る。嫉妬深いモーリスには内緒で会見する手はずと知った彼は、カンカンに怒ってブリニヨンの事務室に先まわりし、後援なぞは真平だとものすごい啖呵を切る。折しも訪ねて来たジェニイを連れ帰えり、ふたりは熱いキッスで仲直りする。窓ごしに見上げるドラは苦笑い。ところがモーリスが用たしして帰宅すると妻は不在でまっ暗がり。不審がる彼の目はブリニヨンの私邸の番地を書附けた紙切れを見つける。逆上した彼は、ブリニヨンを亡きものにせんと、ピストルをポケットに家を出る。ひとまずアリバイ作りのためジェニイが出演中の劇場を訪ねてからブリニヨン邸へ行くと、戸が開け放されており、ブリニヨンは死んでいた。驚いて飛び出すと、何者かがモーリスの車を乗り逃げした後だった。タクシーを捕える事が出来ず、彼は地下鉄までかけ出す。これよりさき、ジェニイはせむしを訪ねると、後援は口実で手ごめにしようとかかるので、手にふれたシャンパンのビンで相手の頭をなぐり、こん倒したのを見て彼女はあわてて逃出したのである。モーリスが汗だくだくで劇場へ戻ると既にジェニイは部隊がハネたあとで、彼はアリバイが成立すればいいがと気をもむ。モーリスは心配でたまらず一切をドラに話して少し安心する。モーリスから告白を聞いたあと、今度はジェニイから電話がかかり、せむし野郎を酒ビンでなぐり殺したという泣きながらの打明け話。ドラは大胆に現場へ行き、指紋のついてそうな物をふいてしまう。ブリニヨン殺しは警視庁の切れ者アントワンの受持ちとなる。モーリスが暴れ込んで啖呵を切った事から、彼は容疑者第一号となり、アントワンはコツコツとアリバイ調査にかかる。当夜ドラが乗ったタクシーの運転手も引張られ、首実験をさせられて、ドラが現場に行った事もバレる。モーリスは、厳しい尋問に耐え切れずに、ブリニヨン邸に言ったことを白状し、刑務所に入れられてしまう。ジェニイが下手人だと思込んだ彼は、罪を被って愛妻を救う気で、腕時計のガラスを割って手首の動脈を傷つける。モーリスが自殺を企てたと聞いたジェニイは、済まないやらうれしいやらで夫に抱きついて泣き伏してしまう。致命傷がピストルの弾丸であることから、モーリス夫婦の無罪を知るアントワンは、他の容疑者が発射したピストルを持っており、ブリニヨンを殺した弾丸と同口径である事から、その男に犯人であることを自白させる。

関連するキネマ旬報の記事

1954年増刊 フランス映画大鑑

フランス名作50選:犯罪河岸