男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

泳ぐひと

  • およぐひと
  • The Swimmer
  • The Swimmer

amazon


  • 平均評点

    74.2点(96人)

  • 観たひと

    136

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1969/9/9
上映時間 95分
製作会社 ホリゾン・ピクチャーズ
配給 コロムビア
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演バート・ランカスター Ned_Merrill
ジャネット・ランガード Julie_Hooper
ジャニス・ルール Shirley_Abbott
トニー・ビックリー Donald_Westerhazy
マージ・チャンピオン Peggy_Forsburgh
Nancy Cushman Mrs._Halloran

解説

ジョン・チーバーの原作を、「リサの瞳のなかに」のフランク・ペリーが監督、脚色はペリー夫人のエレノア・ペリー。撮影はTVコマーシャル出身のデイヴィッド・L・クエイド、音楽はマーヴィン・ハムリッシュ、美術をピーター・ドハノス、編集にはシドニー・カッツ、カール・ラーナー、パット・サマーセットの3人が担当している。出演は「インディアン狩り」のバート・ランカスター、他にTV出身のジャネット・ランガード、「サイレンサー 待伏部隊」のジャニス・ルールなど。製作はペリーとロジャー・ルイス。

あらすじ

夏のある日曜の午後。ネッド・メリル(バート・ランカスター)は水泳パンツだけという姿で、友人ダンの家を訪れた。友人夫婦は前夜のパーティでくたびれており、一緒に泳ごうというネッドの誘いを断った。昔は皆一緒に泳いだ仲だったのに。ここでネッドは、隣人たちのプール伝いに泳いで家へ帰ろうと決心した。ダンのプールを泳ぎ渡ったネッドは次にベティ・グレアム家のプールを訪れた。かつてネッドが恋したベティは、新築のプールを自慢し、小市民生活に満足しきっていた。幻滅し、ネッドはハマー夫人の家へ向かった。が、ハマー夫人は、息子が病気の時ネッドが見舞いに来なかったのを根にもって、冷たく追い払った。ジュリアン・フーパーの両親は留守だったが、かつてメリル家の子守りをしていたジュリアンは、美しい娘に成長していた。彼女はネッドの泳ぐことに賛成で、一緒に行くことにした。一緒に友人のプールを泳ぎ、野生の馬と競争したり2人は楽しい時を過ごした。ハードル越えをやって、ネッドは足に怪我をしたが。しかし、ネッドは、ジュリアンがコンピューターによりボーイフレンドを選んだという話をした時、彼女にも失望を感じ、1人で次のヌーディストのハローラン家に向かった。道を行くネッドの前に少年が現れた。少年の家のプールは渇れており、同じように少年の心も失われていた。ビスワンガー家はパーティの最中。正装した人々の中で、ネッドは招かれざる野蛮人だった。続いてネッドは昔の愛人で女優のシャリー・アボットを訪ねた。シャリーは心の古傷をえぐられ、彼を追い返した。公衆プールでさんざんに冷遇され、ネッドはやっとのことで家へ帰りついた。が、家は廃墟となっており、彼を待つものは誰もいなかった。扉を叩くネッドに冷たい雨が降り続いていた。

関連するキネマ旬報の記事

1970年2月上旬決算特別号

特別グラビア 外国映画ベスト・テン:アポロンの地獄/真夜中のカーボーイ/ifもしも・・・/ウィークエンド/ローズマリーの赤ちゃん/泳ぐひと/できごと/フィクサー/ジョンとメリー/さよならコロンバス

1969年7月下旬号

外国映画批評:泳ぐひと

1969年7月上旬夏の特別号

特別グラビア:泳ぐひと

特集 「泳ぐひと」:ティーチ・イン 成島東一郎×西村潔×石松愛弘×田山力哉×河原畑寧

特集 「泳ぐひと」:作品論

特集 「泳ぐひと」:監督の顔

外国映画紹介:泳ぐひと

1969年6月下旬号

旬報試写室:泳ぐひと