男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スチューデント

  • すちゅーでんと
  • L'Etudiante
  • ----


  • 平均評点

    59.3点(29人)

  • 観たひと

    53

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 フランス イタリア
製作年 1988
公開年月日 1989/9/23
上映時間
製作会社 ゴーモン・プロ=TFIフィルム・プロ=チェッキ・ゴーリ・グルッポ=タイガー・チネマトグラフィカ
配給 CFD
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

恋に揺れ動くある女子大生の姿を描くラブ・ロマンス。製作はアラン・ポワレ、監督・脚本は「ラ・ブーム2」のクロード・ピノトー、共同脚本はダニエル・トンプソン、撮影はイヴ・ロダレック、音楽はウラジミール・コスマが担当。主演はソフィー・マルソー、ヴァンサン・ランドンほか。

あらすじ

教員資格取得のためにソルボンヌ大学に通うヴァランティーヌ(ソフィー・マルソー)は、スキー場でエドゥアール(ヴァンサン・ランドン)という音楽家と出会い、パリに戻った後、ほんの遊びのつもりでデートをし、一夜を共にする。試験の準備で忙しいヴァランティーヌと地方公演で忙しいエドゥアールは、なかなか会えないが、二人は電話で愛を深めてゆく。しかしある日、エドゥアールには別れた妻子がいて、その関係は今なお続いているということを聞きショックをうけたヴァランティーヌは、また彼が女性関係にルーズなことも知り試験勉強も手につかぬまま、別れる決心をする。納得のゆかないエドゥアールは、自分の真実の思いを伝えるために、試験会場のヴァランティーヌのもとに向かい、そして口答試験でモリエールの「人間嫌い」を引用しながら、自分の感情を確認したヴァランティーヌの愛をつかまえるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1990年4月下旬号

外国映画紹介:スチューデント

1989年10月上旬号

グラビア:スチューデント