男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラ・ピラート

  • らぴらーと
  • La Pirate
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.3点(14人)

  • 観たひと

    27

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1984
公開年月日 1989/10/28
上映時間
製作会社 F・L・F=ローラ・フィルム=タンゴ・フィルム
配給 俳優座シネマテン
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ある1人の女をめぐる4人の男女の情念の世界を描く。製作はオリヴィエ・ロルサック、監督・脚本は「小さな赤いビー玉」のジャック・ドワイヨン、撮影はブルーノ・ニュイッテン、音楽はフィリップ・サルドが担当。出演はジェーン・バーキン、マルーシュカ・デートメルスほか。

あらすじ

パリ。ブルーのシトロエンの中で、キャロル(マルーシュカ・デートメルス)は、少女(ロール・マルサック)と、もと恋人のアルマ(ジェーン・バーキン)の帰りを待っていた。二人は、夫アンドリュー(アンドリュー・バーキン)のもとに戻ってきたアルマを強引に奪い去る。市内のホテルの一室で激しく愛しあうアルマとキャロル。そこへアンドリューの依頼で彼女達を追う“ナンバー5”(フィリップ・レオタール)という男がやってくる。こうしてアルマをめぐって4人の男女による愛の葛藤と追跡が始まる。ダンケルクのホテルを経て、イギリス行きのフェリー・ボートへと舞台を変えるこの情念の世界は、益々エスカレートしてゆき、それは少女がアルマに向けて銃を放つことで幕を閉じる。しかし同時にこの悲劇は、アルマの運命を穏やかに解放することになるのである。

関連するキネマ旬報の記事

1990年1月上旬号

外国映画紹介:ラ・ピラート

1989年10月下旬号

グラビア:ラ・ピラート

試写室:ラ・ピラート