男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

召使

  • めしつかい
  • The Servant
  • ----

amazon


  • 平均評点

    74.5点(39人)

  • 観たひと

    62

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 1963
公開年月日 1968/3/9
上映時間 111分
製作会社 スプリングボック・プロ
配給 東和=ATG
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ロビン・モームの同名の短篇小説を、劇作家のハロルド・ピンターが脚色、「銃殺」のジョゼフ・ロージーが監督した。撮影は「バタシの鬼軍曹」のダグラス・スローカム、音楽は「唇からナイフ」のジョン・ダンクワース。出演は「ダーリング」のダーク・ボガード、「脱走計画」のサラ・マイルズ、「素晴らしきヒコーキ野郎」のジェームズ・フォックス、ウェンディ・クレーグなど。

あらすじ

貴族出身の裕福な青年トニー(J・フォックス)のもとに紹介所からの斡旋で、バレット(D・ボガード)という男が、召使いとして来た。バレットは、その仕事ぶりが、すべて巧みで水際立っており、トニーには申し分のない召使いだったが、トニーのフィアンセのスーザンは、その彼に秘密の匂いと不吉な予感がし、ことごとに注文をつけた。バレットは、そんなスーザンの蔑視を完全に無視、トニーとスーザンが不和になるような工作をほどこした。トニーと家を支配するためにスーザンとバレットは、なにかと争い、スーザンはバレットを首にすべきだとトニーに主張したが、バレットに満足しているトニーはきき入れなかった。トニーの性格をいちはやくみぬいたバレットは、たくみにトニーをあやつり、トニーにとってバレットはなくてはならない存在になっていった。さらにバレットは自分の恋人ベラ(S・マイルズ)を妹にしたてて住みこませ、彼女にトニーを誘惑させた。ところがある日、外から帰ったトニーは、自分のベッドで抱き合っているバレットとベラの姿を目撃し、激怒し、二人を家から追い出した。バレットのいなくなったトニーの家は荒れ、健康はそこなわれていった。ある日、偶然バレットに会ったトニーは、再び彼を雇い入れた。その日を境に、二人の位置は逆転していった。バレットが主人の役をやり、トニーは、それに従うだけだった。トニーは、堕落、腐敗させられていった。そしてついには、トニーは肉欲と背徳をもとめ、泥沼の中をはいずりまわる、ブヨブヨの生物にまで造りかえられていった。

関連するキネマ旬報の記事