男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

老人と子供

  • ろうじんとこども
  • Le Vieil Homme et L'Enfant
  • ----


  • 平均評点

    63.2点(5人)

  • 観たひと

    7

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1967
公開年月日 1968/4/6
上映時間
製作会社 レ・フィルム・グリフォン・ユニシテ
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

脚本・監督クロード・ベリ。彼のデビュー作であり、ストーリーは自伝でもある。撮影はジャン・ダルベィ、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「大列車作戦」のフランスの名傍役ミシェル・シモン、ベリ監督がスカウトしたズブの素人で名子役と評判のアラン・コーエン、「ジャガーの眼」のシャルル・デネールほか。

あらすじ

一九四三年、ナチ占領下のフランス。ユダヤ人たちは収容所行きをおそれ、人目につかぬよう、こっそりと隠れ住んでいた。しかし、八歳の少年にとっては、そんな大人の世界は理解出来ない。クロード少年(A・コーエン)は腕白ざかり。いつも両親を、はらはらさせていた。そこで父親は、知人のつてをたよって、クロード少年を田舎に預けることにした。“ユダヤ人であることを、決して誰にも話してはいけない”と父親は、小さな息子に言ってきかせた。クロード少年が預けられた家は、老夫婦と老犬だけの淋しい家庭だった。そのうえ、主人のペペ(M・シモン)は第一次大戦生き残りの熱狂的右翼で、猛烈なユダヤ人排斥主義者だった。クロード少年は用心に用心を重ね、苦しい日が続いた。しかし、ペペは、頑固者にはちがいないが、単純で善良、根はやさしい人間だった。ペペとクロード、すなわち老人と子供は、まもなく恰好の遊び友だちになれた。菜食主義者のペペにならいクロードも肉を口にしないようになった。そして、自分はユダヤ人だと言って、ペペをからかうようにさえなった。しかし、ペペは、もちろん冗談としか取らない。ペペが第一次大戦で受けた傷を記念して、一族全員が集まる“傷の記念日”がやってきた。酔った大人にそそのかされて、クロードは、ある少女に可愛いラブレターを書いた。ところが後日、これが大間題にまで発展してしまったが、ペペはかばってくれた。そして、老人と子供の友情は、前よりも増したのだった。やがて戦争も終り、パリは解放された。両親がクロードを引取りに来た。別れの日、ペペは大つぶの涙を流してクロードを見送った。多分、彼は、自分の愛した少年がユダヤ人であったことを、永久に知らないことだろう。

関連するキネマ旬報の記事

1968年5月上旬号

外国映画批評:老人と子供

1968年3月上旬号

旬報試写室:老人と子供

1968年2月下旬号

新作グラビア:老人と子供

外国映画紹介:老人と子供