男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

みじかくも美しく燃え

  • みじかくもうつくしくもえ
  • Elvira Madigan
  • Elvira Madigan

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    68.1点(37人)

  • 観たひと

    63

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 スウェーデン
製作年 1967
公開年月日 1968/1/13
上映時間 91分
製作会社 ヨーロッパ・フィルム
配給 東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演ピア・デゲルマルク Elvira Madigan
トミー・ベルグレン Sixten Sparre
クレオ・ジェンセン Kokerskan
レンナルト・マルメン Kristoffer Sixten Van
ニーナ・ヴィデルベルイ Kokerskans Dotter

解説

一八八九年、スウェーデンに実際に起った事件を素材に、作家から映画批評家を経て監督になったボー・ヴィデルベルイが脚本・監督・編集にあたった悲恋ドラマ。撮影はヨルゲン・ペルソンが担当、また音楽はハンガリー生れのピアニスト、ゲザ・アンダ演奏のモーツァルト作曲『ピアノ・コンチェルト21番』とビヴァルディ作曲の『バイオリン・コンチェルト・愛』が全編に流れている。出演は映画初主演のピア・デゲルマルク(一九六七年カンヌ映画祭女優主演賞獲得)、王立演劇劇場出身のトミー・ベルグレンほか。

あらすじ

夏も終りに近い頃、スウェーデンの片田舎の森の中に、一組の男女の姿があった。男の名はシクステン・スパーレ(T・ベルグレン)という陸軍中尉で、伯爵の称号をもつ貴族だった。女の名はエルビラ・マディガン(P・デゲルマルク)といい、サーカスの綱わたりのスターである。シクステンには妻子があり、エルビラはスターといっても、しがない女芸人にすぎない。だが二人は愛しあった。この愛を守る道はただひとつしかない。シクステンは脱走しエルビラは家出してきた。森の近くの、こじんまりした宿屋に落ちついた二人は、しばし幸福の時をすごしたが、それも束の間、シクステンの身分が同宿人に、ばれてしまった。二人はそこを逃れ、とある湖のほとりの村へやってきた。しばらくの間は、魚釣りや舟遊びまでできた平和な日が続いたが、ある日のこと、シクステンの友人が現われ、残された妻や子供の悲しみを語り、エルビラの行為を責めるのだった。だがエルビラにしてみれば、シクステンは最高にして最後の人……と答えるしかない。二人はまた、逃走の旅を続けた。いよいよお金に困ったが、脱走兵のシクステンには仕事を探すすべもない。深く愛し合ってはいたが、二人にとっては、実にみじめな毎日がつづいた。いよいよ追いつめられた二人が愛を貫く道はただひとつしかない……。二人が森へ消えた直後、二発の銃声が轟いた。一八八九年ある晴れた日のことである。

関連するキネマ旬報の記事

1968年2月下旬号

外国映画批評:みじかくも美しく燃え

1968年1月上旬正月特別号

旬報試写室:みじかくも美しく燃え

1968年1月上旬新年特別号

新作グラビア:みじかくも美しく燃え

外国映画紹介:みじかくも美しく燃え