男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

天井桟敷の人々

  • てんじょうさじきのひとびと
  • Les Enfants du Paradis
  • Les Enfants du Paradis

amazon


  • 平均評点

    79.2点(215人)

  • 観たひと

    333

  • 観たいひと

    38

  • レビューの数

    33

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1944
公開年月日 1952/2/20
上映時間 190分
製作会社 S・N・パテ
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演ピエール・ブラッスール Frederick Lemaitre
レオン・ラリブ Stage doorkeeper
アルレッティ Garance
マルセル・エラン Lacenaire
フェアビン・ロリス Avril
ピエール・ルノワール Jericho
エチエンヌ・ドゥクルー Anselme Deburau
ジャン・ルイ・バロー Baptiste Deburau
ピエール・パロー Manager of the Funambules
マリア・カザレス Nathalie
ジャンヌ・デュソール Hair Dresser
マルセル・ペレス Director of the Funambules
アルベール・レミ Scarpia Barigni
ジャーヌ・マルカン Madame Harmine
ガストン・モド Blind Man
ルイ・サルー Le Comte de Montray
ジャック・カストロ First Dandy
ジャン・ゴールド Second Dandy
ガイ・ファヴィエール Bank Messenger
ポール・フランクール Inspector of Police
リュシエンヌ・ヴィジェー First Theatregoer
シネット・ケーロ Second Theatregoer
グスタフ・ハミルトン Stage doorkeeper
ロニョ-ニ Director of the Grand Theatre
オーギュスト・ボヴェリオ First Author
ポール・ドゥマンジュ Second Author
ジーン・ダイナー Third Author
ルイ・フロランシー Gendarme
マーセル・モンティール Marie
ロベール・デリー Celestin
ルシアン・ウオルテ Ticket seller
ジャン=ピエール・ベルモン Baptiste Jr.
ジャン・ラニエ Iago
ラファエル・パトルニ Third Dandy
アビーブ・ボングリア Turkish Bath Attendant

解説

「港のマリイ」のマルセル・カルネが、「悪魔が夜来る」に引つづき三年三ケ月の歳月を要して完成した一九四四年度作品で前後篇三時間半に及ぶ長大作。「北ホテル」を除いて当時までのカルネ全作品に協力して来たジャック・プレヴェールがオリジナル・シナリオを担当、台詞を執筆している。撮影は「しのび泣き」のロジェ・ユベールと「みどりの学園」のマルク・フォサール、音楽は「港のマリイ」のジョゼフ・コスマと「めぐりあい」のモーリス・ティリエで、パントマイム場面の音楽はジョルジュ・ムウクの担当。音楽監督はコンセルヴァトワアルのシャルル・ミュンク(現在ボストン交響楽団の常任指揮者)である。美術はアレクサンドル・トローネ、装置はリュシアン・バルザックとレイモン・ガビュッティが受持っている。出演者は「しのび泣き」のジャン・ルイ・バロー、「悪魔が夜来る」のアルレッティ、「火の接吻」のピエール・ブラッスール、「オルフェ」のマリア・カザレスを中心に、「バラ色の人生」のルイ・サルー、「悪魔が夜来る」のマルセル・エラン、「パリの醜聞」のピエール・ルノワール、以下ガストン・モド、ジャーヌ・マルカンらが大挙出演する。一八四〇年代、ルイ・フィリップ治下のパリ繁華街を舞台に、とりどりの人間群が織りなす人生の色模様をバルザック的な壮麗さで描いたカルネ・プレヴェルの代表作。劇の中心をなすバチスト・ドビュロオとフレデリック・ルメートルは共に実在の人物で、前者は本名シャルル、パントマイムのピエロ役の近代的創造者として知られている。

あらすじ

第1部「犯罪大通り」1800年代のパリ。タンプル大通り、通称犯罪大通りで裸を売りものにしている女芸人ガランス(アルレッティ)はパントマイム役者バティスト(ジャン・ルイ・パロー)と知り合いになった。パティストは彼女を恋するようになった。無頼漢ラスネール(マルセル・エラン)や俳優ルメートル(ピエール・ブラッスール)もガランスを恋していた。パティストの出ている芝居小屋「フュナンピュール」座の座長の娘ナタリー(マリア・カザレス)はバティストを恋していた。ガランスにいい寄るにしてはバティストの愛はあまりに純粋であった。ラスネールといざこざを起したガランスは「フュナンビュール」に出演するようになった。ガランスの美貌にモントレ-伯(ルイ・サルー)が熱をあげた。 第2部「白い男」5年後、バティストはナタリーと結婚、一子をもうけていた。ガランスは伯爵と結婚していた。人気俳優になったルメートルのはからいでバティストはガランスに劇場のバルコニーで会うことが出来た。一方、劇場で伯爵に侮辱されたラスネールは風呂屋に伯爵を襲って殺した。バティストはガランスと一夜を過ごした。翌朝、バティストの前に現れたナタリーと子供の姿を見たガランスは、別れる決心をした。カーニバルで雑踏する街を去るガランスを追ってバティストは彼女の名を呼び続けた。

関連するキネマ旬報の記事

2010年5月上旬号

午前十時の映画祭:「天井桟敷の人々」「太陽がいっぱい」

1954年増刊 フランス映画大鑑

フランス名作50選:天井桟敷の人々

1952年3月上旬号

外國映画批評:天井桟敷の人々

1952年2月上旬号

外國映画紹介:天井桟敷の人々

1952年1月下旬号

作品研究:天井桟敷の人々 清水千代太×双葉十三郎×姫田嘉男×大黒東洋士×植草甚一

1952年新年特別号

シナリオ:天井桟敷の人々(監督・マルセル・カルネ 佛 ロンドン・フィルム)

1951年11月下旬号

新着ヨーロッパ映画・作品研究:天井桟敷の人々

1951年10月上旬秋季特大号

グラビア:天井桟敷の人々