男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

殺しが静かにやって来る

  • ころしがしずかにやってくる
  • Il grande silenzio
  • The Great Silence

amazon


  • 平均評点

    68.5点(46人)

  • 観たひと

    78

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イタリア
製作年 1968
公開年月日 1969/9/23
上映時間 105分
製作会社 セルジオ・コルブッチ・プロ
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

「続荒野の用心棒」のセルジオ・コルブッチが、ヴィットリアノ・ペトリリ、マリオ・アメンドラ、ブルーノ・コルブッチと脚本を共同執筆し、さらに監督したマカロニ・ウエスタン。撮影はアレハンドロ・ウローア(アレクサンダー・ウローア)、音楽は、エンニオ・モリコーネ。出演は、「女性上位時代」のジャン・ルイ・トランティニャン、その他クラウス・キンスキー、フランク・ウォルフなど。

あらすじ

アメリカ西部の町、スノーヒルは、殺し屋が占領する恐ろしい町だった。殺し屋のボスはロコ(K・キンスキー)。ロコの黒幕は、判事のポリカット(L・ビスチリ)たった。そんな町に、幼時、両親をポリカットに殺されたサイレンス(J・ルイ・トランティニャン)がやって来た。ロコに夫を殺されたポーリン(V・マクギー)に代金千ドルで、復讐を頼まれたのだった。しかし、ポーリンは千ドルを、ポリカットの奸計でつくることができず、それを知ったサイレンスは、無償で仇討ちをひきうけた。酒場でロコと戦かおうとしたサイレンスは、ロコの部下に襲われ重傷を負った。が、ロコも、ポーリンの夫殺しで、保安官ゲデオン(F・ラルフ)に、逮捕された。ゲデオンは、この無法の町の秩序回復のために心を砕いている一人だった。一方、サイレンスは、ポーリンの家で手当てをうけていたが、やがて、二人は愛し合うようになっていった。しばらく平穏な日が続いた。が、それもロコの手下たちが、留置所を襲い、ロコを救出したため、終りをつげた。傷つきながらも再びロコと対決したサイレンスは、その場にかけつけたポーリンとともに、ロコの銃のため、命を絶たれたのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1969年11月上旬号

外国映画紹介:殺しが静かにやってくる