男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

夜霧の恋人たち

  • よぎりのこいびとたち
  • Baisers Voles
  • ----

amazon


  • 平均評点

    71.9点(120人)

  • 観たひと

    199

  • 観たいひと

    26

  • レビューの数

    17

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1968
公開年月日 1969/8/23
上映時間 92分
製作会社 カロッサ=PAA
配給 ユナイト
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ジャン・ピエール・レオ Antone Doinel
デルフィーヌ・セイリグ Madame Tabard
ミシェル・ロンダール Monsieur Tabard
クロード・ジャド Christine Darbon
Harry Max Monsieur Henri
ダニエル・チェカルディ Monsieur Darbon

解説

フランソワ・トリュフォー、クロード・ド・ジヴレー、ベルナール・ルボンの三人になるオリジナル・シナリオを「黒衣の花嫁」のフランソワ・トリュフォーが監督した、「大人は判ってくれない」「二十歳の恋」と一連のもの。撮影はデニス・クレルヴァル、音楽はアントワーヌ・デュアメルが担当。出演は「男性・女性」のジャン・ピエール・レオー、「去年マリエンバートで」のデルフィーヌ・セイリグ、新星クロード・ジャド、他にミシェル・ロンダールなど。

あらすじ

陸軍を除隊になったアントワーヌ(J・P・レオ)は、その足で昔のガール・フレンドのクリスティーヌ(C・ジャド)を訪ねたが、彼女はスキーに行っていなかった。アントワーヌはホテルの夜警の仕事をみつけたが、アンリという私立探偵とその依頼人を、密通中の部屋に通したことからクビになってしまった。アンリの紹介でアントワーヌは私立探偵になることにした。訓練も終りアントワーヌに大きな仕事が与えられた。大きな靴店をやっているタバール氏はすべての人にきらわれているという妄念に悩まされており、その調査をアントワーヌがやることになったのだ。アントワーヌは倉庫の係員として、靴店に入りこみ、店員たちが主人をきらっている理由を調べた。万事うまく運んだが、タバール夫人(D・セーリグ)との出会がすべてをダメにした。彼女の美しさにアントワーヌがまいってしまい、恋に陥ってしまった。その自分が恥ずかしく、アントワーヌは店をやめた。彼は夫人に別れの手紙をかいた。翌朝早く、夫人がアントワーヌを訪ねて来た。二人は最初でそして最後の抱擁をかわした。数日後、アンリが心臓マヒで死んだ。アントワーヌは私立探偵をやめた。次に彼は修理人になった。そんな彼を家によぶため、クリスティーヌはわざとテレビを壊し、修理店に電話した。やって来たアントワーヌとクリスティーヌは、大きなベッドの中に消えた。

関連するキネマ旬報の記事

1969年9月上旬号

外国映画批評:夜霧の恋人たち

1969年6月上旬号

座談会 「夜霧の恋人たち」とトリュフォの愛のテーマ:双葉十三郎×田山力哉×佐藤重臣×秦早穂子

1969年5月上旬号

外国映画紹介:夜霧の恋人たち

1969年4月下旬号

旬報試写室:夜霧の恋人たち