男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

できごと

  • できごと
  • Accident
  • ----

amazon


  • 平均評点

    78.9点(31人)

  • 観たひと

    41

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 1967
公開年月日 1969/8/2
上映時間
製作会社 ジョゼフ・ロージー・プロ
配給 東和
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ニコラス・モスレーの同名小説を、「召使」のコンビ、ハロルド・ピンターが脚色、ジョゼフ・ロージーが監督した。撮影はジェリー・フィッシャー、音楽はジョン・ダンクワースと、ともにロージー作品ではなじみのメンバーが担当。出演は「召使」のダーク・ボガード、「ズール戦争」のスタンリー・ベイカー、「激しい季節」のジャクリーヌ・ササール、他にマイケル・ヨーク、ヴィヴィアン・マーチャントなど。製作はジョゼフ・ロージーとノーマン・プリッゲン。

あらすじ

オクスフォード大学の哲学教師をしているスティーブン(D・ボガード)は、妻のロザリンドが三人目の赤ん坊の出産で、二人の子供と実家に帰っているある夜、書斎でタイプを打っていた。突然急ブレーキの音がし、すさまじい衝突音が続いた。車には教え子のウィリアムとアンナ(J・ササール)が乗っていた。スティーブンが駆けつけた時、ウィリアムはすでに死んでいたが、アンナは放心状態だった。そのアンナを家の中にはこびこみ、間もなくやってきた刑事にもスティーブンはアンナが同乗していたことを告げなかった。昏々と眠るアンナをみつめながら、スティーブンは数ヵ月間の出来事を思いおこした。春の終り頃、スティーブンはウィリアムからアンナが好きだとうちあけられた。スティーブンは紹介を申し出たが、ウィリアムは笑いとばした。数日後、すっかりうちとけてあらわれたアンナとウィリアムにさそわれるままスティーブンは一緒に舟にのった。水々しい、のびやかなアンナの肢体がスティーブンの目の前にあった。スティーブンは眼をそらした。舟からおりる時、スティーブンは目測をあやまり水に落ち、自分の運動神経のおとろえを感じるのだった。次の日曜日、スティーブンの招きに応じウィリアムとアンナは、昼食にやってきた。が、そこへスティーブンの同僚チャーリー(S・ベイカー)もやってきた。粗野で強引なところのあるチャーリーをスティーブンは嫌いだったが、追いかえすわけにもいかず、日曜日は一見おだやかに過ぎていった。夕方、スティーブンはアンナと散歩に出た。が、結局、手をにぎることすらできなかった。予定日が近づきロザリンドは実家に帰った。自由を謳歌すべく、ロンドンに所用で出たスティーブンはかつてのガールフレンドを訪ね、ベッドを共にしたが、むなしい気持が残っただけだった。夜、家に帰ったスティーブンは、そこにアンナとチャーリーを見て呆然とした。二人は以前から関係があったのである。がスティーブンは怒れなかった。チャーリーの中に日毎失なわれてゆく若さへの執着をみたからだった。それから間もなく、スティーブンはアンナからウィリアムと婚約したことを聞かされた。それを告げるためにウィリアムは今日、車で彼の家へ来る途中の事故だったのである。間もなくアンナはオーストリアへ帰って行った。ロザリンドも男の子を産み、スティーブンにはもとの生活が戻ってきた。が、あの“事故”はそれぞれの人の心に、何らかの傷あとを残したことは、確かだった。

関連するキネマ旬報の記事

1970年2月上旬決算特別号

特別グラビア 外国映画ベスト・テン:アポロンの地獄/真夜中のカーボーイ/ifもしも・・・/ウィークエンド/ローズマリーの赤ちゃん/泳ぐひと/できごと/フィクサー/ジョンとメリー/さよならコロンバス

1969年6月下旬号

外国映画批評:できごと

1969年4月下旬号

旬報試写室:できごと

1969年4月上旬春の特別号

特別グラビア:できごと

座談会 「できごと」の映像的な実験:植草甚一×木村光一×吉田喜重×川喜多和子×白井佳夫

外国映画紹介:できごと

シナリオ:できごと