男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

星空の用心棒

  • ほしぞらのようじんぼう
  • Days of Vengeance
  • ----

amazon


  • 平均評点

    56.5点(50人)

  • 観たひと

    77

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル 西部劇
製作国 イタリア
製作年 1967
公開年月日 1968/10/5
上映時間
製作会社 I・F・Cプロ
配給 東和
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

マナヘム・ヴェラスコの原案を、フェルナンド・ディ・レオとアウグスト・カミニートが脚色、「恋の渚」の(本名はフロレスターノ・バンチーニ)スタン・バンスが監督した西部劇。撮影は「超人スーパーアルゴ」のフランシスコ・マリン、音楽は「続黄金の七人 レインボー作戦」のアルマンド・トロバヨーリが担当している。出演は「怒りの荒野」のジュリアーノ・ジェンマ、「昼顔」のフランシスコ・ラバル、「情無用のコルト」のコンラード・サルマルティン、ガブリエラ・ジョルジェリ、「続荒野の1ドル銀貨」のニエヴェス・ナヴァロなど。テクニカラー、テクニスコープ。

あらすじ

テキサス山中の牢から一人の若い囚人が脱獄した。その男テッド(G・ジェンマ)は策略によって無実の罪をさせられ、三十年の強制労働を宣言されていた。テッドは、自分を牢獄に送りこんだチャールスタウンの大地主コッブ、その部下のゴメス、保安官のダグラス、その妻ドリーに復讐する一念で、脱獄したのであった。テッドの脱獄を知らされ動揺したコッブの意向を察したゴメスは、自分の手下たちをさし向けテッドを殺させようとしたが、逆にテッドに片付けられた。ゴメスの家を訪ね、真犯人を聞き出し、抵抗しようとしたゴメスを射殺したテッドは、チャールスタウンに向った。途中、テッドは気のいいイカサマ師とその娘ダルシーを苦境から救い、町まで馬車にのせてもらった。町についたテッドは、コッブが鉄道を利用し、武器の密売をしようとしているのを聞き、その列車を横どりし、隠した。その夜、テッドはダグラスの家に押し入り、ダグラスがテッドの父親を殺したという事実をかたらせ、射殺した。翌朝、コッブは、武器の取りひきをすべく約束のところでメキシコ人をまちあわせたが、到着した列車の中はカラッポである。それがテッドの仕業であることを感知したコッブは、怒るメキシコ人をなだめ、引きあげた。その直後に、テッドがあらわれ、隠した武器を餌に、メキシコ人たちのコッブに対する憎しみを煽りたてようとした。が、この計画は失敗、逆にテッドは殴られ、ダルシーたちに助けられるしまつとなった。手当てをうけ、元気をとりもどしたテッドは、その足で町の判事のもとに行き、コッブの罪状を告げ、また判事の正義感にうったえ、無実を証明しようとした。判事はテッドの告白を裏付けるべく現場に行ったが、証拠をつかむことはできず逆にテッドの有罪を信じてしまった。かくて、翌日、テッドは絞首刑に処せられることになった。が間一髪という時、判事が到着。彼はテッドの無実を証明すると同時にコッブの罪状を暴露した。意外なことにコッブは、拳銃を乱射。その弾にあたってドリーがたおれ判事は傷ついた。息づまるような射合いの後、テッドとコッブの対決の時がきた。が、テッドの銃には一発の弾ものこっていなかった。ゆっくりとコッブが近づいてくる。その時、テッドの右手が宙を切った。うめき声をあげてたおれるコッブの咽喉には、ダグラスがつけていた保安官の星形バッチがささっていた。

関連するキネマ旬報の記事

1968年10月下旬号

外国映画紹介:星空の用心棒