男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ナック

  • なっく
  • The Nack...and how to get it
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.6点(40人)

  • 観たひと

    68

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 イギリス
製作年 1965
公開年月日 1966/2/15
上映時間
製作会社 ウッドフォール・フィルム
配給 UA
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

アン・ジェリコーの舞台劇をチャールズ・ウッドが脚色、「HELP! 四人はアイドル」のリチャード・レスターが監督した新型のスラプスティック・コメディ。撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽は「007/ゴールドフィンガー」のジョン・バリーが担当した。出演は「蜜の味」のリタ・トゥシンハム、「戦艦デファイアント号の反乱」のレイ・ブルックス、「ナイスガイ・ニューヨーク」のマイケル・クロフォード、ほかにドナル・ドネリー、ウィリアム・デクスターなど。製作はオスカー・リュウェンスティン。“ナック”とは「熟練した技術、うまいやり方、コツ」といった意味があるがここでは、女の子をモノにしたり、カッコいいことをする“コツ”をいう。英、米国ではやった言葉。六五年度カンヌ映画祭グラン・プリを受賞している。

あらすじ

ロンドン。コリン(M・クロフォード)はあるテラス・ハウスの持ち主。三階を借しているトーレン(R・ブルックス)は若い娘には人気のあるドラマーで、女の子にかけては凄腕〈ナックの持ち主〉で、ひどいときには、彼の部屋には長蛇の訪問客がある。コリンは口惜しい。羨しい。なんとか〈ナック〉をものにしようと悩んだあげく、トーレンと同じ大きなベッドを手に入れようと考えた。一階に越して来たトムの入れ知恵である。鉄屑屋でみつけたベッドはひどい代物。それでも持って帰ろうとする彼等の前に、おかしな田舎娘ナンシー(R・トウシンハム)があらわれた。美人ではないが、女に縁のないコリンにとっては天使、道案内をかって出て車輪つきのベッドを押しはじめた。この作業の面白さから三人は意気投合、家に帰ってきたが、女に目のないトーレンが見逃すはずがない。彼がバイクで連れ出してしまった。スピードによる興奮と陶酔のあまり、田舎娘は失神してしまった。コリンやトムが追いついたとき、突然目を覚すと、「暴行!」と金切り声をあげた。弁解する三人を尻目に「暴行されたワ」と街中に聞える声をはりあげて家に帰り、腰を据えてしまった。トーレンがデートに出かけたあと、コリンはなんとか彼女の感違いを正そうと一生懸命。トーレンの方はどうしたわけか、すべての女性から爪はじき。トボトボ家に帰ってみると、どう風向きが変ったのか、コリンとナンシーがお熱い夫婦きどり。どうやら〈ナック〉とは、誠実な愛情をいうものらしい。

関連するキネマ旬報の記事

1980年12月上旬号

ザナック/ブラウン・インタビュー:面白いアイデアとストーリーこそ映画の生命

1966年3月上旬号

外国映画批評:ナック

1966年2月上旬決算特別号

外国映画紹介:ナック

1966年1月下旬正月号

旬報試写室:ナック

1966年1月上旬新年特別号

新作グラビア:ナック