男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヘッドライト

  • へっどらいと
  • Des Gens Sans Importance
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    71.0点(95人)

  • 観たひと

    146

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    28

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1956
公開年月日 1956/10/5
上映時間
製作会社 コシノール・シャイヨ=アルデンヌ
配給 新外映
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

監督は「禁断の木の実」のアンリ・ヴェルヌイユ、原作はセルジュ・グルッサールの“しがない人々”脚色は「禁じられた遊び」の原作者フランソワ・ボワイエ、撮影は「恋路(1951)」のルイ・パージュ、音楽はジョゼフ・コスマ。主演は「首輪のない犬」のジャン・ギャバン、「肉体の怒り」のフランソワーズ・アルヌール、「嵐の女」のダニ・カレール。

あらすじ

トラックの運転手ジャン・ヴィァール(ジャン・ギャバン)はボルドオに近い国道のそばにある“キャラバン”という運転手達の常宿の一室に疲れた身体を横たえる。だが彼の頭はさえきって思い出が次々にかすめて行く。--彼は丁度一年前のクリスマスの晩、この“キャラバン”にくたくたになって辿りついた。この前泊った時とは違う新しい女中クロチルド(フランソワーズ・アルヌール)がいた。二人はお互に心惹かれるようになり、その後この国道を通る度に、ジャンはクローに会い、二人の仲は益々深くなる。ジャンの家庭は、冷く陰気だった。下町の貧しいアパートへ幾日ぶりかで帰ってくる彼を迎えるものは冷い家庭だった。パリとボルドオ間を行く大型トラックの定期便を運転して、五十に手の届くまで働き通してきた鬱積した不満は、若いクローへの愛情となって燃え上る。ジャンは暗い家庭を振りすてて、新しい人生に踏み出そうと決心した時、些細のことから傭主と云い争い、職を失ってしまう。ジャンはクローへの連絡をぱったり絶った、クローは心配のあまり手紙で、身重になったと知らせる。それでも何の返事もない。パリに出てきたクローはジャンの失業を知り、妊娠を打明けずに立去り、ルピック街の連れ込み宿の女中となり、女将のすすめで、堕胎医のところへ行く。その不吉な日の翌日、ジャンは、自分の娘がクローの手紙を勝手に開封していたことを知って憤然として家を飛び出した。丁度その時、昔の同僚から新しい勤め口が見つかったという知らせがあり、ジャンはその夜のうちに、再びトラック運転手としてパリを離れることになった。よろこび勇んだ彼はルピック街の安宿からクローを連れ出し、トラックに乗せる。雨と風と濃霧に包まれた夜の国道を、幾時間も幾時間もトラックは走り続ける。途中クロチルドの容態が次第に悪化してきた。“キャラバン”まではまだ遠い。風雨はますます烈しく、見通しは利かなくなる。明方近く、トラックはやっと“キャラバン”に辿りつく。一年前のクリスマスの夜、初老のトラック運転手と二十の可憐な女中がめぐりあった“キャラバン”の前--だが、その時クローはもうこの世の人ではなかった。

関連するキネマ旬報の記事

1956年10月上旬秋の特別号

外国映画紹介:ヘッドライト

1956年9月上旬号

新映画評:ヘッドライト

1956年7月上旬夏の特別号

新作グラビア:ヘッドライト