男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

沈黙の世界

  • ちんもくのせかい
  • Le Monde du Silence
  • ----

amazon


  • 平均評点

    67.0点(20人)

  • 観たひと

    39

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / ドラマ
製作国 フランス
製作年 1956
公開年月日 1956/8/24
上映時間 85分
製作会社 フィルマド
配給 東和
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

日本語解説河原武雄 

解説

1965年カンヌ映画祭でグラン・プリを獲得した、テクニカラー色彩による長篇記録映画である。この作品の監督ジャック・イヴ・クーストーはフランスの海軍大佐だが深海の魅力にとりつかれ1942年、工学技師エミール・ガニヤンの協力でアクアラング(潜水肺)を発明。海中の短篇映画にも手を染め、「漂流物」、「潜水手帖」の二作でそれぞれカンヌ映画祭の賞を得ている。彼の作品では前に「魚の散歩」が我国に紹介されたが、長篇ではこの作が初めて。製作に当り、クーストー他14名の一行はカリプソ号に乗り地中海、紅海、印度洋、ペルシャ湾と航海を続け、撮影フィルムは延12000米。75米の深さまで撮影するのに成功している。監督はクーストーとルイ・マルの共同、撮影はエドモン・セシャン、水中撮影はクーストー、マル、フレデリック・デュマ、アルベエル・ファルコの協力。音楽はイヴ・ボードリエ。日本語版解説はNHKの河原武雄アナ。

あらすじ

何百というイルカの大群、沈没した難破船の探検、毎晩燈火に眼がくらんで船の甲板に飛び込んで来るトビウオ、船のスクリューにぶつかって血まみれになったマッコウ鯨を襲うサメの群、世界に二つしかないゾウガメの島、アオウミガメの産卵、友達となったコクテンハタなど興味深いシーンがつづく。

関連するキネマ旬報の記事

1956年10月上旬秋の特別号

外国映画批評:沈黙の世界

二つの興行記録:「わんわん物語」と「沈黙の世界」

1956年9月上旬号

新作グラビア:沈黙の世界

特集批評 「沈黙の世界」:ウミガメの叙情性

特集批評 「沈黙の世界」:ツポを外さぬ編集ぶり

特集批評 「沈黙の世界」:美しい大自然のドラマ

特集批評 「沈黙の世界」:「沈黙の世界」と演出計算

特集批評 「沈黙の世界」:クウストオの感激とユーモア

特集批評 「沈黙の世界」:アクァ・ラングの魅力

特集批評 「沈黙の世界」:フランス記録映画の特長

特集批評 「沈黙の世界」:この「生命現象力」の驚異

外国映画紹介:沈黙の世界