男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ホブスンの婿選び

  • ほぶすんのむこえらび
  • Hobson's Choice
  • ----

amazon


  • 平均評点

    79.5点(15人)

  • 観たひと

    18

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 イギリス
製作年 1954
公開年月日 1955/3/5
上映時間
製作会社 ロンドン・フィルム
配給 東和
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

「超音ジェット機」のデイヴィッド・リーンが一九五四年に製作監督した喜劇。ハロルド・ブリグハウスが一九一六年に発表した戯曲から、リーン、協同製作者のノーマン・スペンサー、ウィンヤード・ブラウンの三人が共同で脚色した。撮影は「超音ジェット機」のジャック・ヒルドヤード、音楽は「地中海夫人」のマルコム・アーノルドである。出演者は「悲恋の王女エリザベス」のチャールズ・ロートン、「大いなる遺産」のジョン・ミルズ、「紫の平原」のブレンダ・デ・バンジー、「三文オペラ」のダフニ・アンダーソン、プリュネラ・スケイルズ、「浮気は巴里で」のリチャード・ワッティス、デレク・ブロムフィールドなど。

あらすじ

マンチェスターにほど近いサルフォードの町にホブスン靴店がある。主人ヘンリー・ホブスン(チャールズ・ロートン)は三人の娘を抱えた男やもめ、暇さえあればムーンレイカー亭で酒を飲んでいて店を切り廻しているのは長女マギー(ブレンダ・デ・バンジー)だ。彼女はもう婚期をすぎた年頃。次女アリス(ダフニ・アンダーソン)にはアルバート・プロッサーという弁護士、三女ヴィッキー(プルネラ・スケイルズ)には禁酒運動の急先峰の息子フレディ・ビーンストックという恋人がいるが、ホブスンが持参金の五百ポンドを出しそうもないので結婚の実現はおぼつかなかった。そこへマギーまでが店の職人ウィリー・モソップ(ジョン・ミルズ)と結婚すると言い出し、ホブスンが断固反対すると二人は家を出てオールドフィールド通りに靴屋を開業した。働き者の二人に去られてホブスンの店はたちまち左前、親父の自棄酒はますます募り、明日はマギーとウィリーの結婚式という晩、泥酔して禁酒運動の総本山ビーンストック商会の穀物倉で寝込んでしまった。このことをフレディから知らされたマギーは、フレディを原告に仕立てて親父を家宅侵入罪ならびに損傷罪で告訴するとおどし、さらにアルバート弁護士と原告と親父の間で示談にすませる芝居をうってアリスとヴィッキーの持参金を見事せしめてしまった。--一年後、モソップ靴店の大繁昌にひきかえ、娘たちに去られたホブ転落一路、一人ぼっち父はアル中になって誰るものが必要となった。流石の親父もマギーとウィリーに帰って来てくれるよう申込んだが、ウィリーはこれ幸いと店を“モソップ・ホブスン店”として共同経営することに成功、頑固親父もこうなってはどうすることも出来ないのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1955年4月上旬陽春特別号

外国映画批評:ホブスンの婿選び