男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

野性のもだえ

  • やせいのもだえ
  • Susuz Yaz
  • ----


  • 平均評点

    0.0点(0人)

  • 観たひと

    0

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 トルコ
製作年 1964
公開年月日 1965/5/29
上映時間
製作会社 ヒティット・フィルム
配給 松竹映配
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ネカチ・ジュマリの脚本を、イスマイル・メチンが監督した農村映画。撮影はアリ・ウグール、音楽はヤマジが担当した。出演はウルビ・ドガン(製作も担当)、エロール・タシュ、ユリア・コチギスなど。

あらすじ

トルコの貧農集落アナトリヤでは、タバコ栽培に必要な水と妻と名誉が何よりも大切なものだった。オスマン(エロール・タシュ)は自分の所有地に湧き出る水をせきとめて、自分の耕地にだけ水をひこうとするが、弟のハサン(ウルビ・ドガン)は村人たちのことを思い反対する。ハサンにはバハーという美しい婚約者がいたが、周囲の事情から二人は結婚できず、ハサンは略奪同然に彼女を家につれてきた。その頃、水を求める村人たちが争い、オスマンは彼らの一人を殺してしまった。しかし彼は、たくみな口舌でハサンに罪をかぶせた。その後、ハサンが刑務所内で殺されたという噂が流れ、オスマンは悲しみにくれるバハーを強引に誘惑してしまった。ところがハサンは生きていたのだ。特赦が布告され、釈放された。許しをこうバハーの言葉からすべてを知った彼は、自分の名誉を守るため兄と対決した。ハサンはオスワンを倒し、せきを叩きこわした。水は村人の畑の方に流れだした。オスマンの猟銃で傷ついたバハーは、ハサンにささえられ水の流れを見つめていた。二人の目の前を、オスマンの死体が流されていった。

関連するキネマ旬報の記事

1965年8月上旬号

外国映画批評:野性のもだえ

1965年6月下旬号

新作グラビア:野性のもだえ

外国映画紹介:野性のもだえ