男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

軽蔑(1963)

  • けいべつ
  • LE MÉPRIS
  • CONTEMPT

amazon


  • 平均評点

    71.1点(172人)

  • 観たひと

    307

  • 観たいひと

    40

  • レビューの数

    35

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス イタリア アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1964/11/22
上映時間 102分
製作会社 ローマ・パリ・フィルム=コンパニア・シネマトグラフィカ=エンバシー・ピクチャーズ
配給 ヘラルド
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)1963 STUDIOCANAL – Compagnia Cinematografica Champion S.P.A. All Rights Reserved.

解説

アルベルト・モラヴィアの同名原作をジャン・リュック・ゴダールが脚色・演出した愛の真実を追求する人間ドラマ。撮影は「勝手にしやがれ」のラウール・クタール、音楽は「かくも長き不在」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「真実」のブリジット・バルドー、舞台俳優のミシェル・ピッコリ、「カルタゴの大逆襲」のジャック・パランス、ほかにフリッツ・ラング、ジョルジア・モルなど。2017年9月30日よりデジタル・リマスター版を上映(配給:コピアポア・フィルム)。

あらすじ

女優カミーユ(ブリジット・バルドー)とその夫、シナリオライターのポール(ミシェル・ピッコリ)は寝室で無意味な会話をする。充実した満足感がなせるものだ。翌朝、ポールはアメリカのプロデューサー、プロコシュ(ジャック・パランス)と会った。撮影中の映画のシナリオを改定してくれというのだ。昼、カミーユが来た。プロコシュは二人を自邸に誘った。プロコシュはカミーユに親切だ。静かな嫉妬心を持ちながら、ポールはプロコシュに遠慮している。プロコシュはカプリ島のロケにカミーユを誘った。「夫が決めますから」カミーユは素気なく答える。アパートに帰ってからカミーユはひどく不愛想だった。その夜、二人は寝室を別にした。ブロコシュから誘いの電話があり、ポールはカミーユ次第だと返事した。カミーユは再び激しく怒った。「軽蔑するわ」。夫婦はプロコシュの誘いで映画館に行った。夫婦はほとんど口をきかなかった。カミーユはカプリ行きを承知した。カプリ島の撮影現場。プロコシュは監督のやり方が気に入らない。彼は一足さきに別荘に帰ろう、とカミーユを誘った。カミーユは夫の顔を見た。「お行き」ポールは監督とユリシーズの愛を語りあっている。……別荘。ポールは何故自分を軽蔑するのか、カミーユに執拗にきいた。二人は黙しあうだけだった。翌朝、衣類をまとめているポールの所にカミーユからの手紙が届いた。プロコシュとローマに立つ、と認めてあった。その頃、ハイウェイでスポーツカーが大型車と衝突して、二人の男女が死んでいた。カミーユとプロコシュだった。

関連するキネマ旬報の記事

2017年10月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「軽蔑 デジタル・リマスター版」

1964年12月下旬号

外国映画紹介:軽蔑

1964年11月上旬号

外国映画批評:軽蔑

1964年10月下旬号

特別グラビア :バルドーとゴダール 「軽蔑」に見る女優と監督

ゴダール作品「軽蔑」特集批評:現代に対するゴダールの問いかけ

ゴダール作品「軽蔑」特集批評:絢爛たるパターンの面白さ

1964年10月号増刊 ’65年版 新作洋画への招待

各社期待の大作(グラビア):軽蔑