男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

去年マリエンバートで

  • きょねんまりえんばーとで
  • L'ANNÉE DERNIÈRE À MARIENBAD
  • LAST YEAR AT MARIENBAD

amazon


  • 平均評点

    71.1点(119人)

  • 観たひと

    183

  • 観たいひと

    41

  • レビューの数

    24

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1960
公開年月日 1964/5/1
上映時間 94分
製作会社 R・フロマン
配給 東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C)960 STUDIOCANAL - Argos Films - Cineriz

解説

アラン・ロブ・グリエの脚本を「二十四時間の情事」のアラン・レネが監督した心理ドラマ。撮影はサッシャ・ヴィエルニー、音楽はフランシス・セイリグ。ピエール・クーロー、レイモン・フレーメンが共同で製作を担当した。出演はデルフィーヌ・セイリグ、「エヴァの匂い」のジョルジョ・アルベルタッツィ、「スパイ」のサッシャ・ピトエフなど。ベニス映画祭でグランプリを受賞している。黒白・ディアリスコープ。2019年10月、4Kデジタル・リマスター版が公開(配給:セテラ・インターナショナル)。

あらすじ

豪奢だが、どこか冷たいたたずまいを見せる城館に、今日も富裕らしい客が、テーブルを囲み、踊り、語って、つれづれをなぐさめている。まるで凝結したような、変化のない秩序に従った生活。誰も逃げ出すことの出来ない毎日なのだ。この城館の客である一人の男が、一人の若い女に興味をもった。そして男は女に、「過去に二人は愛しあっていた、彼は女自身が定めたこの会合に彼女を連れ去るために来た」と告げた。男はありふれた誘惑者なのか、異常者か?女はこの突飛な男の出現にとまどった。だが男は真面目に、真剣に、そして執拗に、少しづつ過去の物語を話して聞かせながら言葉をくり返し、証拠を見せる……。女はだんだん相手を認めるようになった。しかし、女は今迄自分が安住していた世界を離れることに恐怖を感じた。それはやさしく、遠くから彼女を監視しているようなもう一人の男、多分彼女の夫である男によって表現される世界であった。だが、彼女は、男によって、真実性を帯びてくるつくられた話に抵抗できず、ためらい、苦悩する。今や苦悩は女の現実であり真実となった。現在と過去はついに混り合った。三人の間の緊張は女に悲劇の幻想さえおこさせたが、ついに女は男の望んだ通りの存在であることを受け入れ男とともに、何ものかに向って立ち去った。それは、愛か、詩か、自由か……それとも死かもしれないのだが……。

関連するキネマ旬報の記事

1964年6月上旬号

外国映画批評:去年マリエンバートで

1964年5月上旬号

「去年マリエンバートで」とアラン・レネの世界:

新作グラビア:去年マリエンバートで

外国映画紹介:去年マリエンバートで