男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

夜と霧

  • よるときり
  • Nuit et Brouillard
  • Nuit et Brouillard

amazon


  • 平均評点

    76.2点(94人)

  • 観たひと

    172

  • 観たいひと

    22

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 社会派
製作国 フランス
製作年 1955
公開年月日 1961/10/20
上映時間 32分
製作会社 コシノール
配給 日本ヘラルド映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ポーランドのワルシャワ近郊にあるアウシュヴィッツ強制収容所を描いた記録映画。第二次大戦中ナチがここでおこなった残虐の数々が、廃墟となった現在のアウシュヴィッツを描いたカラー・フィルムと往時を再現するモノクローム・フィルムの対比によって描き出される。監督は「二十四時間の情事」のアラン・レネ。詩人ジャン・ケイロルが解説台本を執筆している。撮影を担当しているのはギスラン・クロケとサッシャ・ヴィエルニーの二人。音楽を受けもっているのはハンス・アイスラー。製作はエドゥアール・ムシカ。部分イーストマンカラー・スタンダードサイズ。

あらすじ

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

関連するキネマ旬報の記事

1972年11月上旬号

特別グラビア:夜と霧/バングラデシュ

「夜と霧」と「バングラデシュ」/政治の力学と記録の方法論:

1961年12月増刊 シナリオ名作読本

採録コンティニュイティ ヘラルド映画配給:夜と霧

1961年11月下旬号

特集 税関カットの問題点をさぐる:「ジゴマ」から「夜と霧」まで[映画検閲小史]

外国映画批評:夜と霧

外国映画紹介:夜と霧

1961年11月上旬号

新作グラビア:夜と霧

「夜と霧」 アラン・レネの特質:

1961年8月下旬号

特集 見られざる傑作:紳士協定/逃亡者/ロープ/ピンキィ/墓場への闖入者/地の塩/影/夜と霧/ピアニストを撃て・・・/小さい兵隊/伊達男/ひと夏の記録/美しきセルジュ/永い不在/大地は揺れる/ウンベルトD/白い酋長/貧しい恋人たちの記録/ある恋の記録/情事/エロイカ/夜行列車/夜の魅力/声なきパリケード/ビルディアナ/怒りの日/顔