男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ソ連人工衛星 宇宙征服

  • それんじんこうえいせいうちゅうせいふく
  • Doroga k zvezdam / The Road for Stars
  • Doroga k zvezdam / The Road for Stars


  • 平均評点

    0.0点(0人)

  • 観たひと

    2

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル アニメーション / ドキュメンタリー / SF
製作国 ソ連
製作年 1957
公開年月日 1958/8/3
上映時間 52分
製作会社 レニングラード文化映画製作所
配給 新東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演ゲオルギ・ソロビヨフ Tiolkovsky
日本語解説宮田輝 

解説

一九五七年十月四日、第一号人工衛星(スプートニク)打上げに成功したソヴィエトが、実写やアニメーション、特殊技術などを綜合して作った宇宙科学映画。監督はP・クルシャンツェフ。B・リャプノフとV・ソロヴィヨフの台本によって、M・ガリペールが撮影した。音楽はS・シャチーリャン、美術をV・セヘルコフが受けもっている。顧間として天文学、ロケット等の分野に多くの専門家が協力している。

あらすじ

ソヴィエトは、長い宇宙旅行とロケットに関する研究の歴史をもっている。六十四年にわたる技術の研究が、今度のスプートニクの成功を生み出したのだ。宇宙旅行の研究家カ・エ・ツィオルコフスキーが、限りない夢と希望をもっていどんだロケットの設計にはじまり、一九三三年の最初のロケット実験、燃料の研究、耐熱物質の研究、二段式ロケットの想定等から説きおこして、画面は未来の宇宙旅行にまで発展していく。やがて科学者たちの能力を結集した宇宙船がとびたち、人類がはじめて月の世界におりたつ日がやってこよう。「今日不可能なことも、明日は必ずや可能となろう--ツィオルコフスキー」

関連するキネマ旬報の記事

1958年9月下旬号

外国映画批評:ソ連人工衛星 宇宙征服