男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

赤い風車(1952)

  • あかいふうしゃ
  • Moulin Rouge
  • ----

amazon


  • 平均評点

    66.3点(42人)

  • 観たひと

    72

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル 伝記
製作国 イギリス
製作年 1952
公開年月日 1953/5/28
上映時間
製作会社 ロミュラス
配給 BCFC=NCC
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督ジョン・ヒューストン 
脚色アンソニー・ヴェイラー 
ジョン・ヒューストン 
原作ピエル・ラ・ミュル 
撮影オズワルド・モリス 
美術ポール・シェリフ 
セットマルセル・ヴェルテス 
音楽監督ランバート・ウィリアムソン 
録音A. E. Rudolph 
E. Law 
編集ラルフ・ケンプレン 
衣装デザインマルセル・ヴェルテス 
歌詞翻訳ポール・デーン 
"It's April Again"作詞Jacques Larue 
作曲ジョルジュ・オーリック 
アソシエイト・プロデューサージャック・クレイトン 
振り付けWiliam Campbell 
スペシャル・カラー・コンサルタントEliot Elisofan 
テクニカラー・カラー・コンサルタントジョーン・ブリッジ 

キャスト

出演ホセ・フェラー Henri de Toulouse Lautrec
ホセ・フェラー The Count His Father
コレット・マルシャン Marie Charlet
ジャ・ジャ・ガボール Jane Avril
シュザンヌ・フロン Myriamme Hayem
クロード・ノリエ Countess de Toulouse Lautrec
キャサリン・カス La Goulue
Muriel Smith Aicha
メアリー・クレア Mme. Loubet
ウォルター・クリシャム Valentin le Desosse
ハロルド・カスケット Zidler
ジム・ジェラルド Pere Cotelle
ジョルジュ・ランヌ Patou
リー・モンタギュー Maurice Joyant
モーリーン・スワンソン Denise
Tutte Lemkow Aicha's Partner
ジル・ベネット Sarah
セオドア・バイケル King of Serbia
ピーター・カッシング Marcel de la Voisier
チャールズ・カーソン Camondo
Walter Cross Bystander Moulin Rouge
Rupert John Chocolat
フランシス・デ・ウルフ Victor
Michael Balfour Dodo
クリストファー・リー Seurat
Jean Landier Anquetin
Robert Le Fort Gauzi
Rene Poirier Concierge
Margaret Maxwell Can-Can Dancers
Hilary Allen Can-Can Dancers
Maria Serina Can-Can Dancers
Sari Lazita Can-Can Dancers
Shiela Nelson Can-Can Dancers
Aleta Morrison Can-Can Dancers
Olivier Teynac Lautrec (Aged 9)
バリー・クロスト Lautrec (Aged 13)

解説

ピエル・ラ・ミュル作のロートレックの伝記小説『ムーラン・ルージュ』(Moulin Rouge)に取材して「アフリカの女王」のジョン・ヒューストンが脚色監督した色彩映画(一九五二年)で、脚色には「殺人者」のアンソニー・ヴェイラーが協力している。“ライフ”誌のカメラマン、エリオット・エリソファンの色彩監督によって「かくて我が恋は終りぬ」のオズワルド・モリスが撮影を担当し、「七つの大罪」のジョルジュ・オーリックが作曲した。また、美術のポール・シェリフ(「黒ばら」)と装置衣裳のマルセル・ヴェルテス(「リディアと四人の恋人」)はこの作品で五二年度のアカデミー賞をえた。出演者は父伯爵とアンリの二人を演ずるホセ・フェラー(「シラノ・ドウ・ベルジュラック」)をめぐってフランスの新進バレリーナであるコレット・マルシャン、「三つの恋の物語」のジャ・ジャ・ガボール、シュザンヌ・フロン、「魅せられた女」のクロード・ノリエ、キャサリン・カス、ジョルジュ・ランヌ、リー・モンタギューなど。

あらすじ

十九世紀の末。パリ、モンマルトルの名物カフェ《ムーラン・ルージュ》に、夜毎フレンチ・カンカンを写生する倭人の画家がいた。彼の名はアンリ・ドゥ・トゥルウズ・ロートレック(ホセ・フェラー)、名門に生れたが数代の近親結婚の弊で幼時に折った両脚の成長が止まり、成人しても四尺八吋しかなく、そのために恋人と思った女性にも棄て去られた。画才のあった彼は窮屈な家を出てモンマルトルに住み、そこの風物を画くことに生甲斐を見出した。或る夜、夜の女マリイ(コレット・マルシャン)を警官から救い、それがきっかけで彼女と同棲したが、彼女は彼から金をせびっては他の男に貢ぎ、ついには彼を侮辱して去っていった。アンリは酒に浸って苦しみから逃れようとしたが、訪ねた母の暖い愛情にはげまされ、マリイを探し求めた。マリイは場末の安カフェで彼に発見されたが、彼女はもう彼の許には帰っては来なかった。絶望の余りガス自殺を計ったアンリを救つたのは、彼の絵画への情熱だった。彼の描いたムーラン・ルージュの石版ポスタアは大好評で、彼は一躍画壇の寵児となった。しかし酒浸りの生活はつづいていた。その頃彼はマヌカン、ミリアム(シュザンヌ・フロン)と知合い、その美貌と知性に惹かれたが、彼の自意識は結局彼に好意を持つ彼女を他の男の許に去らせてしまった。人生に絶望した彼は益々酒に耽り、又もや階段から転落して瀕死の重傷を負った。父母にみとられて死ぬ間際、ルーヴル博物館が彼の絵を買上げるという知らせがあり父も息子のすべてを恕した。しかし彼は臨終の床で過ぎし日のムーラン・ルージュの思い出を悩裡に描きながら苦渋に満ちた三十七年の生涯を閉じた。

関連するキネマ旬報の記事

1953年8月上旬号

外国映画批評:赤い風車

1953年5月下旬号

外国映画紹介:赤い風車

シナリオ:赤い風車

1953年4月上旬春の特別号

新作紹介:赤い風車