男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

愛の嵐

  • あいのあらし
  • Il Portiere di notte
  • The Night Porter

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    72.0点(160人)

  • 観たひと

    241

  • 観たいひと

    25

  • レビューの数

    29

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イタリア
製作年 1973
公開年月日 1975/11/1
上映時間 118分
製作会社 ロタール・フィルム
配給 日本ヘラルド映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ナチズムに翻弄された男女の愛憎を通して、ナチズムとは何だったかを描く。製作はジョゼフ・E・レヴィン、製作はロバート・ゴードン・エドワーズ、監督は日本初登場の女性監督リリアーナ・カヴァーニ、脚本はカヴァーニとイタロ・モスカーティ、撮影はアルフィオ・コンティーニ、音楽構成はダニエーレ・パリスが各々担当。出演はダーク・ボガード、シャーロット・ランプリング、フィリップ・ルロワ、ガブリエレ・フェルゼッティ、イザ・ミランダ、アメディオ・アモディオ、マリノ・マーゼなど。

あらすじ

1957年、冬のウィーン。マックス(ダーク・ボガード)は、オペル・ホテルという二流のホテルのフロント係として、人眼をはばかるように暮していた。ホテルは旅行客中心だが、永く住んでいる客も何人かいた。没落貴族のスタイン伯爵夫人(イザ・ミランダ)、マックスの旧友のベルト(アメディ・アモディオ)だった。マックスは二十年前、ゲットーの責任者として権力をふるうナチスの輝ける親衛隊員であり、ベルトは当時の同僚、スタイン夫人は愛人だった。ある日、そんなマックスの生活を根底からゆさぶる人物が現われた。今は若手指揮者アザートン(マリノ・マッセ)の夫人になっているルチア(シャーロット・ランプリング)だ。二十年前、ユダヤ人の美女少だったルチアは、ゲットーに入るとすぐその美貌をマックスに眼をつけられ、彼の倒錯した性の愛玩物になった。ルチアは、思いもかけない運命のいたずらに驚いて、夫のアザートンをうながして即座にウィーンを去ろうとする。しかしアザートンはルチアを残して単身フランクフルトヘ飛び立ってしまった。一人になったルチアに向かってマックスは「何でここに来たんだ」と殴りつける。悲鳴をあげて逃げようとするルチア。激しくもみあううちにいつの間にか二人は熱い息をはきながら動物のように抱き合っていた。二十年の空白はあっという間に消え、二人はゲットー時代の倒錯した快楽の淵でのたうっていた。それから数日後、オペル・ホテルの一室では、秘密めいた会議がマックスを交えて開かれていた。クラウス(P・ルロワ)、ハンス(ガブリエレ・フェルゼッティ)、ベルトなどで、彼らはもと親衛隊員であり、自分たちの悪行を証言するいかなる人間をも消し去り、かろうじて戦後を生き抜いてきた。新たな証人としてルチアが浮かびあがり、彼女を消すための会議だったのだ。そのためマックスはルチアを自分のアパートにかくまい、仕事もやめて倒錯した愛に溺れていた。それは出口のない牢獄だった。地上からつねに見張られ、食料を買いに行くことさえ出来なかった。電気も消され、飢え、歪んだ愛と憎悪と哀れみをぶつけながらの悲惨な幾日かが過ぎた。真夜中、マックスは二十年ぶりにナチスの制服をとり出して身につけた。一方、ルチアも収容所時代に着用していた服と同じようなワンピースをつける。二人が車に乗り込むと、尾行車も動きだす。車がドナウの橋にさしかかると、二人は車を棄て、橋を歩き始めた。そのとき、銃声が二発轟き、二人はくずれるように倒れた。

関連するキネマ旬報の記事

1975年12月上旬号

今号の問題作:愛の嵐

1975年10月上旬秋の特別号

外国映画紹介:愛の嵐

1975年9月下旬号

グラビア:リリアーナ・カヴァーニ監督 「愛の嵐」

特集 「愛の嵐」:1 「愛の嵐」の悪魔的なデカダンス

特集 「愛の嵐」:2 逆流する倒錯と狂気の時間の中で

特集 「愛の嵐」:3 総ての人それぞれの共犯関係

特集 「愛の嵐」:4 カヴァーニの生い立ちとフィルモグラフィー

特集 「愛の嵐」:5 リリアーナ・カヴァーニ監督へのインタビュー/我々一人一人の中に潜むナチズム

特集 「愛の嵐」:分析採録

1975年9月上旬号

キネ旬試写室:愛の嵐

1975年6月上旬号

グラビア:衝撃の話題作 「愛の嵐」