男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

最後のブルース・リー ドラゴンへの道

  • さいごのぶるーすりーどらごんへのみち
  • 猛龍過江
  • THE WAY OF THE DRAGON

amazon


  • 平均評点

    70.9点(204人)

  • 観たひと

    330

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    35

基本情報

ジャンル アクション
製作国 香港
製作年 1972
公開年月日 1975/1/25
上映時間 99分
製作会社 コンコルド・プロ
配給 東映洋画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ローマの中華街にあるレストランを舞台に、悪徳イタリア人に戦いを挑む武道家の活躍を描く空手アクション。製作はレイモンド・チョウ、製作・監督・脚本・音楽はブルース・リー、撮影は西本正が各々担当。出演はブルース・リー、ノラ・ミャオ、ウォン・スウ、ウェイ・ピン・エイ、チャック・ノリス、ロバート・ウォールなど。

あらすじ

イタリアにやってきた中国人青年タン・ロン(ブルース・リー)は、美しい娘チェン(ノラ・ミャオ)に案内され、彼女が経営する中華レストランに着いた。チェンの店はマフィアに狙われ、毎日のようにいやがらせの被害にあっていたのだ。やがてマフィアは店の譲渡契約書にサインするよう強引に迫ってきた。そこに現われたタンは得意の空手を駆使して十数人の部下たちをけちらした。マフィアのボスはタンの強さに舌をまいたが、それではとロバートという空手チャンピオンをやとい入れた。人ッ子ひとりいない古代ローマの遺跡コロシアムでタンとロバートが対峙した。中国クン・フーとアメリカ拳法の激突、この広いコロシアムの真只中で誰にも見とられずに戦いを交える二人。長い戦いの末、タンはロバートを倒した。やがてタンはチェンに別れを告げると、ひとり静かにローマを去っていくのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1975年8月上旬号

外国映画紹介:最後のブルース・リー ドラゴンへの道

1975年1月下旬正月特別号

特集 「ドラゴンへの道」:1 「ドラゴンへの道」を歩んだ男

特集 「ドラゴンへの道」:2 群小ドラゴンから飛びぬけた男

特集 「ドラゴンへの道」:3 興行界もドラゴンの年だった

特集 「ドラゴンへの道」:分析採録