男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ジャガーノート

  • じゃがーのーと
  • Juggernaut
  • ----

amazon


  • 平均評点

    71.1点(118人)

  • 観たひと

    200

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    24

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 イギリス
製作年 1974
公開年月日 1975/3/21
上映時間
製作会社 リチャード・レスター・フィルム
配給 ユナイト
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

荒れ狂う北大西洋を進む豪華客船にメガトン級の爆弾が何者かによって仕掛けられたことから起こるサスペンス。製作総指揮はデイヴィッド・V・ピッカー、製作・脚本はリチャード・デコッカー、監督は「三銃士(1974)」のリチャード・レスター、撮影はジェリー・フィッシャー、音楽はケン・ソーン、編集はトニー・ギブスが各々担当。出演はリチャード・ハリス、オマー・シャリフ、デイヴィッド・ヘミングス、アンソニー・ホプキンス、シャーリー・ナイト、イアン・ホルム、クリフトン・ジェームズ、ロイ・キニア、フレディ・ジョーンズなど。

あらすじ

二万五千トンの豪華客船ブリタニック号は、華やかな見送りをうけサウザンプトン港を離れ、北大西洋へと乗り出して行った。千二百人の船客は荒れ模様の天候に悩まされたが、サービス精神に溢れる余興係のクレイン(R・キニア)やハンサムなブルーネル船長(O・シャリフ)によって順調なすべり出しだった。ブリタニック号が北大西洋の真中にさしかかった頃、船主のサバレン運輸の専務ポーター(I・ホルム)に電話がかかってきた。ジャガーノートと名のる謎の男は、ブリタニックに時限爆弾を仕掛けたこと、明日の夜明けには船は木ッ葉みじんになることを告げ、五十万ポンドを要求した。夜明けの八時十分まで残すところは二十二時間しかない。犯人の要求に対して政府、海軍、警察は、身代金を払わず、爆弾は爆薬処理班が処理する方針を打ちだし、ブリタニック号に妻子が乗っているマクレオド警視(A・ホプキンス)に捜査を命ずると同時に爆弾のオーソナリティ、ファロン中佐(R・ハリス)、その部下チャーリー(D・ヘミングス)をブリタニックに送り込んだ。この回収作業に、船長と情事にふけるバーバラ(S・ナイト)やコリガン(C・ジェームズ)を始めとする船客は手に汗を握った。残された時間は十数時間、ファロンは巧妙に仕掛けられた爆弾に手をやいていた。一方、マクレオドは爆弾設計のプロ四十六人を洗っていた。ブリタニック内では爆弾の置かれた機関室付近をブロックごとに封鎖しスピーカーをつけたファロンが一本のネジ、一本の線を切るごとに安全を見きわめながら他の班員がそれに従った。そんな慎重な作業にもかかわらず、ドラム缶を切断するとき爆発を招き二人が死亡した。千二百人の生命がファロンの判断に託されているのだ。数時間後、ファロンが一番信用していたチャーリーが爆発のために死亡した。薄氷を踏むような作業を行いながらファロンは、第二次大戦中、最も巧妙な地雷を作った一人の男のことを考えていた。その男は既に死んでいたが、その地雷を知っている者は唯一人、当時の上官バックランド(F・ジョンズ)だけだった。その頃、マクレオドもバックランドを犯人と断定、取調べ中だった。夜明けまであと二時間、ファロンはバックランドを対策本部のマイクの前に呼ぶことを要求した。赤と青の線のどちらかが時限爆弾につながり、それを切れば千二百人の生命は断たれるのだ。爆発まであと数分、ファロンの必死の説得に対しバックランドは青の線を切ることを命じた。ファロンの持つ鋏が揺れ動いた。「赤だ! 赤を切れ」。ファロンは部下に命じた。彼の判断は正しかったのだ。ブリタニック号は無事に夜明けを迎え、目的地に向けて動き始めた。

関連するキネマ旬報の記事

1975年4月下旬号

外国映画紹介:ジャガーノート

1975年3月下旬号

キネ旬試写室:ジャガーノート

1975年3月上旬号

グラビア:リチャード・レスター監督「ジャガーノート」

「ジャガーノート」はリチャード・レスターの本格的ヒーロー論映画なのだ:

分析採録:ジャガーノート

分析採録:ジャガーノート

1974年12月下旬号

ビアンコ・エ・ネーロ突然の欧州旅行:「ジャガーノート」とリチャード・レスター