男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

007/黄金銃を持つ男

  • だぶるおーせぶんおうごんじゅうをもつおとこ
  • The Man with the Golden Gun
  • ----

amazon


  • 平均評点

    64.9点(264人)

  • 観たひと

    422

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    35

基本情報

ジャンル アクション
製作国 イギリス
製作年 1974
公開年月日 1974/12/14
上映時間 125分
製作会社 イオン・プロ
配給 ユナイト
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

タイのプーケット島を舞台に、黄金銃を持つ男スカラマンガとボンドの対決を描いた「007」第9作目。製作はアルバート・R・ブロッコリとハリー・サルツマン、監督はガイ・ハミルトン、原作はイアン・フレミング、脚本はトム・マンキーウィッツとリチャード・メイバウム、撮影はテッド・ムーア、音楽はジョン・バリーが各々担当。出演はロジャー・ムーア、クリストファー・リー、ブリット・エクランド、モード・アダムス、フランソワーズ・ティリー、バーナード・リーなど。

あらすじ

ある日、ロンドンのM(B・リー)のオフィスに、ジェームズ・ボンド(R・ムーア)の命を奪うと書かれたメモと共に一個の黄金の弾丸が届けられた。送り主は、百万ドルで仕事を引き受ける“黄金銃を持つ男”、殺し屋の帝王と呼ばれ、タイのフーケット島にアジトを構え、KGBやマフィアを手下に従えるスカラマンガ(C・リー)という男だった。挑戦された以上座って殺されるのを待つよりもと、ボンドはスカラマンガを倒すために香港へ向かった。そのボンドの後を、スカラマンガの愛人アンドレア(M・アダムス)が尾行していた。香港でボンドは、メアリー・グッドナイト(B・エクランド)という魅力的な女情報部員と会った。彼女はボンドにアンドレアのいるホテルを教えた。その夜、部屋に忍び込んだボンドはシャワーを浴びているアンドレアを見出し、今晩スカラマンガが市内のあるナイトクラブに行くことを教えられた。ボンドはそこにスカラマンガを発見できなかったが、黄金の弾丸をぶち込まれた死体に出くわした。男はギブソンといい太陽エネルギーの研究家で世界のエネルギー危機を解決する“ソレックス・アジテイター”なる装置を開発した直後に行方不明になっていた。ボンドは、ギブソンの最後の雇主である大金持の中国人実業家ハイ・ファット(R・ルー)をタイに訪ねた。屋敷に忍び込んだボンドを待っていたのは二人の大男のレスラーと小人の召使いニックナック(H・ビレシェーズ)だった。大格闘の末、ボンドはノックアウトされたが、危機一髪で難をまぬがれた。やがてボンドは、スカラマンガが彼を殺す契約などしていないことをMから知らされる。ボンドに黄金の弾丸を送ったのはアンドレアだった。スカラマンガから逃げられなくなっていた彼女は、ボンドに彼を殺させようとしたのだ。その代償として“ソレックス・アジテイター”を渡すという。だが彼女もキック・ボクシング会場のバンコック・スタジアムで殺されてしまう。ボンドはセスナに乗って、スカラマンガの本拠地であるタイのプーケット島に乗り込み、一対一の死闘の末スカラマンガを倒した。ボンドとグッドナイトは“ソレックス”を持って魔の島の罠をくぐり抜け、無事脱出。魔の島をあとに香港へ向かって出航した。

関連するキネマ旬報の記事

1975年2月上旬号

映画批評:007/黄金銃を持つ男

1974年12月上旬号

グラビア:「007/黄金銃を持つ男」

1974年8月上旬号

グラビア:「007/黄金銃を持つ男」